🐥

Evernoteが地味にアップデートされているって話

2 min read

Evernote使ってる?

ということで 今回はEvernoteのお話。

私も、Evernote信者でして。

2015年ぐらいからずっと使っているので

もうかれこれ、 6年ぐらいは使っています。

最近では、Notionが出てきてそっちに移動する人も多いようですが

私の場合、 もう既にEvernote内で データベースを構築

してしまっているので ちょっとお引越しは厳しいかなという感じ。

まぁ別にEvernoteで問題ないですからね。

さて、そんなEvernoteですが。 最近になって色々と

アップデートがされています。

ここ数年は、特に大型アップデートがなかったので

Evernoteユーザーからしてみれば、やっときたかという感じです。

まずは料金プランが少し変わりました。

以下はEvernoteブログからの引用です。

・Evernote Free — 旧名称は「ベーシック」で、「すべてを記憶する」ためのパワフルな機能を搭載した無料のプランです。Free プランは、今後もリリースごとに機能強化される予定です。Evernote を手軽に使い始めてみるのに最適のプランで、基本的な情報の収集や管理が可能です。

・Evernote Personal — お手頃価格で利用できる個人向けの新しい有料プランです。以前の「プレミアム」プランをベースにしていますが、追加のタスク機能やホーム画面の高度なウィジェット、メインの Google カレンダーとの連携機能などが加わり、忙しい毎日をより簡単に整理できるようになっています。

・Evernote Professional — ハイエンドなパワーユーザを対象とした個人向けの有料プランです。仕事でもプライベートでもたくさんの情報を効率的に管理したい方におすすめです。以前の「プレミアム」比べてさらにレベルアップした機能が多数追加されており、他のユーザにタスクを割り当てたり、複数の Google カレンダーアカウントと連携したりすることが可能です。さらに、ホーム画面も細かくカスタマイズ可能で、高度な検索オプションもご利用いただけます。また月間アップロード容量は Personal プランの 2 倍あるので、容量を気にすることなく生産性向上に集中できます。

・Evernote Teams — 旧名称は「Evernote Business」で、コラボレーションやナレッジの共有に最適なチーム向けの有料プランです。単に名称が変更されただけでなく、Teams には本日発表した新機能がすべて含まれています。また、管理者用の各種機能と企業に不可欠なアクセス権限管理とセキュリティが提供されます。Teams のお申し込みは最少 2 ユーザから可能です。

ここまで

Personalプラン以上になりますと

ホームのカスタマイズが出来て、3台以上の端末の同期が出来て

ノートの履歴が見れて

【履歴が全部残るので、データが消えないんですよ】

Googleカレンダーの連携とタスクがホームで使えるようになります。

Googleカレンダーとタスクは最近追加された機能なんですけど。

これはめちゃめちゃ便利です。

私もスケジュールはGoogleカレンダーでやっているので

それをEvernoteからでも見れるのはデカイ。

これらの機能が一元管理出来るのは素晴らしいことです。

これで作業効率もだいぶアップしますからね。

何より、自分のやることが明確になりますから

正しい時間の使い方が出来るようになります。

Evernoteもやっと、本気を出してきたな~って感じですね。

【明らかにNotionを意識しているよねwww】

なので、今後も期待を込めて、使っていきたいと思います。

PS

昔は、画像ファイルもEvernoteで管理していましたが。

今はGoogleフォトで全部管理しています。

画像を入れるとやはり重たくなってしまうことがあるので

画像は別の所で管理したほうが無難ですね。

あとEvernoteの契約をするなら、月額ではなく年額がおすすめです。

年額なら、月に400円ちょっとで使えますからね。

因みにですが、 Evernote講座もリリースしてますよ。

使い方を知りたい人は こちらを見てください。

Discussion

ログインするとコメントできます