🤖

AIで作成するストーリーの可能性を探る。ChatGPTでの体験談

2023/01/31に公開

ChatGPTが昨年末くらいから流行りだしていて、そう遠くない未来にGoogle検索などの検索エンジンは置き換わるんだと感じずにはいられないくらいの可能性を感じた。

https://openai.com/blog/chatgpt/

そんな中でAIが苦手とされていた創作はどうなんだろうなあとふと思ったので、題材からChatGPT任せでAIストーリーの可能性を体感してみた。

やってることは以下。
①題材決め→②話を作る→③話の核になるところを深ぼる→④深ぼった内容を反映させて微調整
→⑤ ②~④の繰り返し
※⑤は無限にできてしまいそうなので1回やって終わりにしてます。

まずは題材を決めます。

Q.面白い話の設定をいくつか考えてほしい
-----------------------------------------
1. 時間旅行者が異なる時代を飛び続け、時間を超える謎を解決することになる。
2. 知らない人々が謎の理由で絶対に孤独な島に連れてこられ、真相を究明するために協力することになる。
3. 探偵が謎に包まれた富豪に繋がる一連の犯罪を解決することになる。
4. 若い女性が非生物的な物体を生きたものにする力を発見し、
新しい力の後押しをナビゲートすることになる。
5. 遠い惑星にコロニーを建設するためのミッションに向かっている宇宙飛行士たちが予期せぬ課題に直面し、生き残るために戦うことになる。

5つ提案されましたが、元ネタありそうだなってものばかりですね。。
個人的に無人島サバイバルみたいなの好きなので「2」で物語書いてもらいます。

Q.2の設定で物語を作成してほしい
-----------------------------------------
A.
「島に連れてこられた人々」

ある日、世界中から選ばれた10人の人々が突然、謎の理由で孤独な島に連れてこられました。彼らは、自分たちが何故ここにいるのか、どのように逃げ出すことができるのかを知りませんでした。

彼らは次第に、島には危険な秘密が隠されていることを発見しました。彼らは協力して、真実を究明し、自分たちを救うために戦いました。

彼らは、島を支配する恐ろしい組織に対抗するために、自分たちのスキルと信念を使いました。彼らは、島から脱出するために、危険なミッションに挑戦しました。

最終的に、彼らは成功しました。彼らは島から脱出し、生きて帰ることができました。彼らは、この冒険から学んだことを生かし、人生において新しい道を歩むことができました。

しれっとタイトルまで付けてくれました。納得せずに連れてこられたんだなって感じがします。
内容を要約すると、世界中から選ばれた10人が孤島に集まり敵と戦いつつ最後は脱出するという話ですね。
話の本筋が見えてきたところで、「世界中から選ばれた10人」など話がおもしろくなりそうな箇所がぼんやりしてるので、深掘りしていきます。

Q.「世界中から選ばれた10人」の選定理由は?
-----------------------------------------
A.
「世界中から選ばれた10人」の選定理由は次のいずれかです:

- 島で生き残るために不可欠なユニークなスキルや知識を持っている
- ランダムな抽選システムによって選ばれた
- 謎の組織によって悪意を持って誘拐された
- サバイバルリアリティショーの一環として選ばれたが、すぐにゲームではないことに気づく
- 科学的実験の一環として島に連れてこられた

具体的な理由は物語に深みと興味を加えるために組み込まれることができます。

1番上の「島で生き残るために不可欠なユニークなスキルや知識を持っている」という内容を参照して物語を作り直してもらいます。

Q.「島で生き残るために不可欠なユニークなスキルや知識を持っている」という設定を追加して物語を書き直してほしい
-----------------------------------------
この設定に基づいて、次のような物語を作成できます。

世界中から選ばれた10人は、不思議な島に連れてこられました。彼らはすぐに、ここにいる理由を知りました。島は生き残るために必要なユニークなスキルや知識を持った人々だけが生き残れるということです。

彼らは、自分たちが持っているスキルを使って、島からの脱出を試みます。しかし、島はそれほど簡単には去れません。彼らは、野生の動物、荒れ果てた環境、そして他の人々との戦いといった課題に直面します。

彼らは、助け合いながら生き残ります。彼らは、仲間を失いながらも、自分たちのスキルを使って、島からの脱出を達成することができます。彼らは、この冒険から強くなったと感じます。

このような物語は、団結力、生存力、そしてスキルの価値についてのテーマを提示します。

これで島に連れてこられた人たちの選定理由が少し肉付けされましたね。
あとは肝心のスキルについてがわからないので、これも考えてもらいましょう。

島で生き残るためのユニークなスキルにはどんなものがありますか?

この設定において、島で生き残るために必要なユニークなスキルには様々なものがあります。例えば、以下のようなものが考えられます。

- 野生動物とのコミュニケーション能力
- 荒れ果てた環境での生存技術
- 植物学の知識
- 野外医療技術
- 建築技術
- 狩猟技術
- 釣り技術
- 火薬製造技術
- 水処理技術

これらはあくまで例であり、物語によっては異なるスキルが必要とされるかもしれません。重要なのは、島で生き残るために必要なスキルがユニークであるということです。

ここで想定していたスキルは、火を出したりする超能力なども含まれると思ってましたが、聞き方を「島で生き残るために」と付けてしまったので、建築や釣りが得意などのサバイバルで活かせるものになってしまいました。ここまでなんとなくBT○○○M!のようなバトルものだと思ってました笑
なんとなく一番上にあった「野生動物とのコミュニケーション能力を持つ少年が主人公」を採用して再度ブラッシュアップします。

「野生動物とのコミュニケーション能力を持つ少年が主人公」という設定を追加して物語を書き直してほしい

この設定では、野生動物とのコミュニケーション能力を持った少年が主人公となります。彼は島に囚われた10人の中でも特別な存在で、野生動物たちとの話しかけ方やコミュニケーション能力があることから、仲間たちからの信頼も厚いという状況です。

彼は島での生存に必要な情報を野生動物から聞き出し、仲間たちを助けることもできます。また、野生動物たちとの信頼関係を構築することで、彼自身も生存するために必要なリソースを得ることができます。

しかし、彼のユニークな能力が仲間たちからの嫉妬や嫌がらせを引き起こすこともあります。彼は、野生動物とのコミュニケーション能力を活かしながら、仲間たちとの信頼関係を築き、島からの脱出を目指す物語が展開されます。

具体性が増したので、物語全体の構成というよりはあらすじよりになりました。文字数が伸ばせればもう少し具体的に作れそうですが、これで完成にします。

所感

結論から言うと物語を作ることは可能だが、ゼロベースだとありきたりなものになるなと言ったオチ。next東野圭吾や尾田栄一郎ポジションはOpenAIか?とか思ってたけど、よっぽど上手い使い方しないとAIからは名作は生まれなさそう。ただ、頑張れば流行りのなろう系小説とかは書けるようなポテンシャルは既にあるから、Midjourneyなどの画像生成AI使ってライトノベルなら書けそう。
前にchatGPT使った時にも思ったけど、今までのやりとりを踏まえたうえで会話形式で返してくれるからこの辺は本当にすごいと思う。仕事や趣味でチャットで会話するよりもAIとチャットしてる時間の方が長いって人が増えてきそうだし、恐ろしいものを生み出してしまったなと言った感じ。

Discussion

ログインするとコメントできます