✏️

Microsoft Azure AZ-900 合格体験記

2 min read

先日、Microsoft認定資格試験の一つであるAZ-900に合格したので、実際にやった勉強法や期間、感想を書いていきます。

試験概要

Azure Fundamentals 試験は、クラウドの概念、 Azure サービス、 Azure ワークロード、 Azure のセキュリティとプライバシー、 Azure の価格とサポートに関する知識を証明する機会です。受験者は、ネットワーキング、ストレージ、コンピューティング、アプリケーション サポート、アプリケーション開発の概念を含む一般的なテクノロジの概念に精通している必要があります。(公式サイトより引用)

詳しくは公式サイトを見てください。

事前知識の有無

クラウド資格は受験したことが無く、Azureは画面を見たことも触ったこともない状態でした。
また、業務で少しだけAWSを触っている程度で、クラウドを本格的に勉強をしたことはありませんでした。

実際にやった勉強法、期間

MS Learn

試験 AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals
Azureの試験を受けるなら、MS Learnは必須だと思います。
ラーニングパスには演習も含まれており、実際にAzureを触ります。
そのため、Azureを触ったことが無い自分でもラーニングパスを1周した後は大体Azureの画面ってこんな感じなんだ~というイメージできるようになっていました。

Azureを一切触ったことが無い人でもラーニングパスを2,3周すれば基本的な操作はできるようになると思います。

私は1周で全てを理解することはできなかったため、繰り返し復習を重ね、最終的には3周くらいしたと思います。

問題集

合格対策 Microsoft認定 AZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsテキスト&問題集
MS Learnよりも説明が分かりやすかったです。模試もついているので、総仕上げにちょうど良いかなと思いました。

しかし、レビューを見ると情報が古いという意見もあったため、MS Learnで最新の情報をキャッチアップする必要があります。また、この1冊で全範囲は網羅できていないと感じました。
これらのことから、MS Learnは必須であると思います。

期間

大体一か月です。しかし、TOEICの勉強と並行していたり、平日はほぼ時間が取れなかったりしたため、丸一か月勉強したというわけではありません。

試験当日

私は自宅で受験しました。
自宅受験といっても、試験中はカメラをオンにしており常に監視されている状態です。そのため、試験中に本を開こうとしたり、第三者から話しかけられたり、不審な動きをした時点で即不合格となります。自宅受験される方は気を付けてください。

試験終了後、すぐに結果が表示されます。
すぐに合格と表示されたため、最初は少しびっくりしましたが、素直に嬉しかったです。

ちなみに、MS Learnの章末問題と問題集の問題と全く同じ問題は出題されませんでした。
そのため、単なる暗記のみで合格するのは難しいのかな、と思います。(たまたまそういうパターンに当たっただけかもしれませんが。。)

試験を受けてみた感想

Azure(というよりクラウド)初学者の自分にとって、最初に取得するにはちょうど良い試験でした。自宅受験できたのも良かったです。

無料のバウチャーがもらえるイベント等もあるみたいなので、クラウドを勉強してみたいという方はまずはこの試験を受けてみるのも良いと思います。クラウドとはなんぞや、というのが学べる良い機会になるのでは、と思います。

 
 

では、今回はこの辺で。ノシ

Discussion

ログインするとコメントできます