AWSのメモ

公開:2020/10/05
更新:2020/10/12
1 min読了の目安(約1100字TECH技術記事

※この記事は随時更新していきます
たくさんあるAWSのサービスの中から、主に自分が使ったものを超簡単にまとめていきます。
詳細を書きたくなったら、個別で記事にしていきます。

コンピューティング

Lambda

  • サーバーを構築しなくてもコードを実行できる
  • 他のAWSサービスとも連携可能
  • 軽量な処理には向いているが、重たい処理には不向き(実行時間の上限が15分)
  • 使える言語はNode.js、Python、Goなど

 

DB

DynamoDB

  • NoSQL データベースサービス
  • データ容量が無制限のため、大量のデータを蓄積するのに適している

Amazon ElastiCache

  • インメモリキャッシュDBのマネージドサービス
  • データ容量制限あり
  • 高速にアクセスする用途に適している

 

セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス

IAM

  • AWS Identity and Access Managementの略
  • AWSの権限まわりを管理するもの

Cognito

  • アクティブユーザ、パスワード管理をするもの

ネットワークとコンテンツ配信

API Gateway

  • APIの作成、公開、保守、モニタリング、保護を行う
  • 作成したAPIは異なるバックエンドに接続する

 

デベロッパー用ツール

Codecommit

  • コードリポジトリ。コードの管理はここで可能

 

マネジメントとガバナンス

CloudWatch

  • リソースを監視するもの
  • メトリクスの収集、ログの収集、モニタリング、アラームの設定ができる

 

Machine Learning

Polly

  • SSML言語を使ってテキストから音声の出力ができる

 

ストレージ

S3

  • Amazon Simple Storage Service の略
  • オブジェクトストレージサービス。容量の制限が無い。

 

カスタマーエンゲージメント

Amazonconnect

  • クラウドコンタクトセンター
  • 複数のAWSサービスと連携させることができる(詳しくはこちら

 


小ネタ集

  • AWSの各種アイコンはこちらからダウンロードできる。

https://aws.amazon.com/jp/architecture/icons/