Open6

OSSで飯を食う

自作 OSS の gh poi で、初めて Sponsor で寄付を頂いたことをきっかけにより継続的な開発ができる方法を模索する。

Pin

Dev Protocol

OSS プロジェクトをトークン化し、開発者と支援者共に利益を得ようとする取り組み

gh-poi のトークン化

※手数料については常に変動している(価格は2022年1月末時点)

  1. https://stakes.social/ethereum/creategh-poi を申請
  2. 二週間程度待って承認メールが届く
  3. トークン化するためには、Ethereum (ETH)、Arbitrum (AETH)、Polygon (MATIC) の何れかから手数料を支払う必要がある。通貨によって手数料の高さが変わる
    • Ethereumの入手手順
      1. 国内の暗号通貨取引所で ETH を購入
    • Arbitrumの入手手順
      1. 国内の暗号通貨取引所で ETH を購入
      2. Arbitrum Bridge から ETH -> AETH
    • Polygonの入手手順
      1. 国内の暗号通貨取引所で XXX (Binanceで扱っている暗号通貨) を購入
      2. 海外の暗号通貨取引所 Binance で XXX -> MATIC を購入
  4. ETH を購入するため、任意の暗号通貨取引所で口座を開設する
  5. 手数料無料?で口座開設も早い Coincheck に決めた。アプリをインストールして本人確認を行う
  6. 翌日 Coincheck の本人確認が取れて取引できるようになった
  7. Coincheck で ETH を買うには先に円を入金する必要があるので、楽天銀行から入金した(入金方法は複数あるが Coincheck が対応しているネット銀行へ振り込むのが手数料が安い)。220円の手数料が発生した
  8. Coincheck のウォレットから Metamask のウォレットへ送金。0.005 ETH (1,390円程度)の手数料がかかる
  9. トークン化時の手数料の目安 gas fee https://coinmarketcap.com/ja/converter/eth/jpy/
    • Ethereal: 0.09874803ETH(27,351円)
    • Arbitrum: 0.003026AETH(0.000042円)
    • Polygon: 0.082079MATIC(13.77円)
  10. Arbitrum Bridge で 0.01ETH -> AETH へ換金。gas fee 0.006439ETH(1,781円)。10分程度待つ。
  11. Stakes.socialでトークンを作成 gas fee 0.003026AETH(0円

最終的に手数料を払うための AETH を手に入れるまでに手数料がかかりすぎるので、アプリの Metamask から Apple Pay で ETH を購入した方が早くて安かったかもしれない。

ステーキング状況

  • 2022/2/5: 5,000DEV 初めてステーキングしてもらった(なんか多いな?😲

Aviyel

OSS プロジェクトのナレッジを共有することで、コミュニティの力を高めて〜・・資金的にも利益を得る仕組みがあるようにな雰囲気はあるが、具体的な仕組みが分からない
Aviyel は DM が届いて知った

Open Collective

寄付できる場の提供と開発者内で資金を共有する仕組みの提供。
Webpack などユーザー数の多い大きなコミュニティで有効な印象。

OpenFare

一定数以上の開発規模の企業からは利用料をもらうなどの設定ができるようになる。

ログインするとコメントできます