💸

Cloud RunのMinimum number of instancesとRevision URLsで8万円溶かした話

2022/10/03に公開約1,100字

TL;DR

  • Cloud Runの Minimum number of instances >= 1 の状態で、Revision URLsをセットしている場合、Revision URLがセットされているインスタンスも課金対象になってしまう
  • 例えばmin instnaces = 2 にして、Revision URLをセットしているインスタンスが10あった場合は、課金対象のコンテナが20としてカウントされ想定外の料金になるので注意

経緯

以下のように、Minimum number of instancesを1に設定しているにも関わらず、active instances が13になっていた。

設定を変えたり色々試しても何も変わらなかったので、GCPUGSlackで聞いてみたところ、以下のような回答をもらった(大感謝!)

対応

  • min instances=0 にしても新しいインスタンスにしか適用されなかったっぽいので、過去のRevision URLがついていて不要なインスタンスはRevision URLを手動で削除。
  • インスタンス起動時のlatencyが気になったが、いったんはmin instances=0 で運用してみている。
  • min instances>=1 にする場合は、定期的にRevision URLがついたインスタンスは削除するようにしないとダメそう

Discussion

ログインするとコメントできます