🐼

SwiftPMの導入

2 min read

SwiftPMとは

  • Apple製のパッケージ管理ツール
  • オープンソースで公開されている
  • 比較対象としてCocoaPods・Carthageがあげられる
  • macOSなどでは使われていたがiOSアプリには対応していなかった
  • Xcode11からiOSアプリでもSwiftPMが使えるようになった
  • Xcodeprjと切り離して考えることができるためXcodegenなどを入れなくてもコンフリクトしない運用ができる
  • 複数アプリをコンポーネント化したいときに便利
  • メインで現場導入しているプロジェクトはまだ少ないが移行してくるのではないかとみてる

GitHubリポジトリ

https://github.com/apple/swift-package-manager

導入

パッケージを導入したいXcodeプロジェクトを開き、Xcodeのメニュから以下を選択していきますFile > Swift Packages > Add Package Dependency

次にインポートしたいパッケージを検索しcheckoutの工程に進めます

今回は、先日のSwift愛好会で発表のあったbannzaiさんのXChangerにします
GithubのURLを記入すると「Next」がアクティブになるのでNextを押して進めます
(XChangerにスター付けてくれるとbannzaiさんが喜びますw)

ライブラリのバージョン・ブランチ・コミットなど細かな指定ができるので必要に応じて設定します
が、基本的には「Up to Next Major」で良いように思います
※パッケージのバージョンは Semantic Versioning に従っています

あとは使いたいところでimportすればOKです

後からライブラリを追加したい時

パッケージを更に追加したい時は、Projectsに「Swift Packages」と追加されているのでそこから追加できます

GithubのURLを記載して同じ工程を減ると以下のように追加されます

SwiftPMについて更に詳しく知りたい

先日のSwift愛好会で発表のあったd_dateさんの資料を読んでみてください

https://twitter.com/d_date/status/1385202183562477570?s=20

Discussion

ログインするとコメントできます