✍️

社内プロキシをかますサーバの設定(RHEL7/CentOS7)

1 min read

ぐえーっとなるので備忘録

本記事内の記号

{proxy.url}: プロキシサーバのドメイン名またはIPアドレス
{port}: プロキシサーバのポート。8080等
{username}: プロキシ認証で使用するユーザ
{password}: プロキシ認証で使用するパスワード


環境変数

恒久的

/etc/profile
# 末尾に以下を追記
PROXY='http://{username}:{password}@{proxy.url}:{port}'
export HTTP_PROXY=$PROXY
export HTTPS_PROXY=$PROXY

設定反映・確認

$ sudo source /etc/profile
$ sudo printenv $HTTP_PROXY
$ sudo printenv $HTTPS_PROXY

一時的

# 設定
$ sudo export HTTP_PROXY=http://username:password@{proxy.url}:{port}/
$ sudo export HTTPS_PROXY=http://username:password@{proxy.url}:{port}/
# 確認
$ sudo printenv $HTTP_PROXY
$ sudo printenv $HTTPS_PROXY

yum

恒久的

/etc/yum.conf
# どこかに以下を追記
proxy=http://{proxy.url}:{port}/

一時的

環境変数で設定

rpm

一時的

コマンドラインオプション

$ sudo rpm --httpproxy http://{username}:{password}@{proxy.url} -httpport {port}

curl

恒久的

/etc/curlrc
proxy = "http://{proxy.url}:{port}"
proxy-user = "{username}:{password}"

一時的

コマンドラインオプション

sudo curl -U {username}:{password} --proxy {proxy.url}:1{port} -L 'https://www.google.com/'

wget

恒久的

/etc/wgetrc
# 以下セクションを編集
http_proxy=http://{proxy.url}:{port}/
https_proxy=http://{proxy.url}:{port}/
ftp_proxy=http://{proxy.url}:{port}/
proxy_user   = {username}
proxy_passwd = {password}

一時的

sudo wget -e HTTP_PROXY={proxy.url}:{port} --proxy-user {username} --proxy-password {password} 'https://www.google.com/'

一時的に無効にする

sudo wget --no-proxy

Git

.gitconfig
[http]
proxy = http://{username}:{password}@{proxy.url}:{port}
$ git clone http://github.com/hoge/hoge.git

Jenkins

コンソール > Manage Jenkins > Manage Plugins > Advanced から設定

Discussion

ログインするとコメントできます