🐶

reviewdog を使用して厳しい tsconfig や eslint rule を段階的に適用する方法の紹介

2 min read

概要

プロジェクトが進行するにつれて失敗からの学びを得たり、フェーズの変化により強力な eslint の rule を追加したい場合があります。しかし、次に示す特性を持つ rule を途中から追加するのは、手動で変更するファイルが多すぎて困難になるケースがあります。

  • 既存コードに対してのエラーの件数が100件を超えている
  • --fix による自動修正が提供されていない

この記事では サービスを止めずにコードのクオリティを上げる TypeScript+Reactで安全に開発を続ける方法 - ログミーTech を参考に reviewdog を使用して、厳しい tsconfig や eslint rule を段階的に適用する方法を紹介します。

方法

以降は eslint rule について説明していきます。tsconfig やその他ツールについても同様に設定が可能です。

https://github.com/reviewdog/reviewdog

reviewdog は linter ツールの出力を GitHub Checks などを使ってレビューコメントとして投稿するツールです。reviewdog は、linter の出力をプルリクエストで追加/削除された行(もしくはファイル)だけに filter する機能を持っています。

今回はこの reviewdog の機能を使って、より厳しい eslint の出力結果をプルリクエストで追加/削除されたファイルだけに対して filter してもらうことで、徐々にプロジェクトの治安を改善していきます。
具体的には、通常の.eslintrc.js に対してより厳しいルールを追加した .eslintrc.strict.js を準備します。この .eslintrc.strict.jseslint の config オプションに渡して、その出力を reviewdog で filter します。

詳しいやり方はサンプルリポジトリで説明します。

サンプルリポジトリ

コードの紹介

サンプルリポジトリです。

https://github.com/odan-sandbox/reviewdog-later-strict-example

今回は .eslintrc.strict.js"no-return-await": "error" を追加してみました。

.eslintrc.strict.js
module.exports = {
  extends: "./.eslintrc.js",
  rules: {
    "no-return-await": "error"
  }
}

reviewdog の config ファイルの .reviewdog.yml を用意します。

.reviewdog.yml
runner:
  tsc:
    cmd: yarn --silent test:build --project tsconfig.strict.json --noEmit
    format: tsc
  eslint:
    cmd: yarn --silent test:lint --config ./.eslintrc.strict.js
    format: eslint

yarn を使用している場合、yarn が出力するテキストが邪魔になるので --selent オプションを追加します。

あとは CI で reviewdog を実行します。

.github/workflows/strict.yml
    - name: run eslint strict
      run: |
        reviewdog -runners=eslint -diff="git diff master" -fail-on-error -reporter=github-pr-check -filter-mode=file
      env:
        REVIEWDOG_GITHUB_API_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}

-filter-mode=file はプルリクで追加/削除されたファイルを filter するオプションです。

動作例

このプルリクは、strict な eslint では lint に失敗するファイルを編集したケースを想定しています。

https://github.com/odan-sandbox/reviewdog-later-strict-example/pull/18

以下の画像の通り、変更があった no-strict-file.ts に対してより厳しい eslint が実行されてエラーが発生しています。

no-strict-file.ts と同じ内容が書いている no-strict-file-no-update.ts はより厳しい eslint には怒られていません。

終わりに

reviewdog のプルリクで変更があったファイルだけ eslint の結果を filter するという機能を使って、段階的に厳しい eslint を適用していくサンプルを紹介しました。

実用では、.eslintrc.strict.js に error として追加した rule は .eslintrc.js に waring として追加しておくと、コード編集時により厳しい rule に気付けるため良いかもしれません。

Discussion

ログインするとコメントできます