🙆‍♂️

Webページ上の画像を一括保存(ダウンロード)する方法4選

5 min read

元記事:https://www.octoparse.jp/blog/4-ways-to-scrape-images-from-web-pages-or-websites/

InstagramやPinterestなどの写真プラットフォームには非常に多くの素晴らしい写真があり、デザインの制作や商品の資料作成など画像素材を利用するシーンが様々です。

保存したい画像が少ない場合は「右クリック → 名前を付けてファイルを保存」でも問題ないですが、複数あった場合は時間も手間もかかってしまうと思います。

この記事では、Webサイトから画像を効率的に一括保存(ダウンロード)する4つの方法を紹介します。 数回のクリックで欲しい画像を簡単に手に入れることができますので、早速試してみましょう!

ブラウザツールで画像を一括保存する方法

単一のWebページから画像をダウンロード場合は、ブラウザツールで十分です。
もし複数のWebページから画像をダウンロードしたいならば、Webスクレイピングツールはおすすめです。

1. Firefoxを利用する場合

以下の手順でサイトの画像を全てダウンロードすることができます。

Firefoxで画像を取得したいWebサイトを開きます。空白部分を右クリックすると、「ページの情報を表示」のオプションをクリックします。そうすると、ページ情報が表示されます。

上の「メディア」アイコンをクリックします。ダウンロードする画像のURLのリストが表示されます。「すべて選択 → 名前を付けて保存」をクリックします。指定したフォルダーに画像が保存されていれば完了です。

2. Chromeを利用する場合

この記事から紹介された一括ダウンロードツールを使って、全ての画像をダウンロードします。
今回はChromeの「Image downloader」という拡張機能を試してみましょう。

Chromeで画像を取得したいWebサイトを開きます。「Image downloader」というChromeの拡張機能を起動すると、このツールは自動的に小さな画像(例:サイトのアイコン、ロゴなど)を取り除き、通常サイズの写真だけを指定するという役立つフィルターを提供しています。

3. Webサイトの画像を一括でダウンロードするツール

以上紹介した方法では、単一のWebページであれば使いやすいです。画像以外のデータ、Webスクレイピングツールは画像に関連するそれぞれのデータ(例として、商品名、商品価格、画像のURLなど)を抽出する最適化ツールです。「IMAGE CYBORG」はおすすめです。

Webスクレイピングツールで画像を一括保存する方法

4. Webスクレイピングツールを挑戦してみましょう!

上記の単一のWebページの画像ダウンロードツールとは異なり、Webスクレイピングツール(ここではOctoparseを例として)は必要な画像のURLを取得することが役立ちます。そして、すべてのURLを取得したら、画像を一括ダウンロードすることができます。

Octoparseの利用シーンは?

・「複数Webページから画像をダウンロードしてほしい」

ページネーションを設定した上で、Octoparseは自動的に複数のページから画像のURLをスクレイピングします。作業自動化を通じて、Octoparseは操作の時間を節約できます。

・「無限にスクロールするWebサイトから画像をダウンロードしてほしい」

(Google 画像検索は無限スクロールを使用しています)

例として、無限スクロールを使用しており、新しいコンテンツの読み込みを有効にするために、下にスクロールする必要があります。Webスクレイピングツールは、すべての画像を読み込まれて取得できます。

この記事で紹介したOctoparseには、人間の操作をシミュレート技術が使用されています。したがって、下までスクロールするように設定することができます。

・「画像だけでなく、それに関連する他の情報もほしい」

例として、Eコマース業者は、ECサイトから抽出したいデータは商品画像だけではなく、価格やメーカー情報などの情報もほしいです。抽出したデータは見込み顧客育成、リスク管理、学術研究、市場分析にも使用できます。


(Octoparseで楽天市場から抽出したデータ)

Octoparseでは、Amazonや楽天市場、食べログ、Bookingなどのサイトから簡単にスクレイピングするというタスクテンプレートを提供しています。画像のURLだけでなく、商品やレストラン、ホテルなどの他の情報もスクレイピングすることができます。


(Octoparseの人気テンプレート)

これで、2つのデータセット(画像と関連する詳細情報)が手に入れたので、自作の商品データベースで市場調査を始めましょう。

初心者向けのチュートリアル

この記事は、Octoparseで楽天市場から画像を一括保存するのチュートリアルです。自動識別機能を通じて、ノーコード(プログラミング不要) で、数回のクリックだけで簡単にスクレイピングできます。さらに、6分間で2000枚以上の画像URLを抽出することが可能です。一度Octoparseのコツを掴めば、他のWebサイトでも簡単に抽出できます。


関連記事
Webスクレイピングとは?
注目のWebスクレイピングツール5選を徹底比較!
画像を一括ダウンロードするのに超便利なツール5選
Amazonから商品情報をスクレイピングする
楽天市場から商品価格をスクレイピングする
食べログからレストラン情報を取得する

Discussion

ログインするとコメントできます