🗂

注目を浴びる旅行業のDX化は何か?これからデータ活用へ

5 min read

2021年の新春の頃に、JTBを始めの旅行業大手4社の社長が新春座談会に開き、誰でも予想しなかった2020年を回顧しながら、アフターコロナ時代に旅行業の生き方について、いろいろ話し合いました。2020年にコロナウイルスの拡大が日本経済に大きく深刻な打撃を与えました。その中で、一番ダメージを受けたのは旅行業です。観光局(JNTO)が発表したデータによると、2020年の訪日旅行者数は前年に比べ、87.1%下がり、411万人となりました。旅行業界はこの厳しい状況に対して、自らの変革を求めています。そして、ビックデータとデジタル化が急速に発展している今日において、多くの業界専門家が旅行業のDX化に関心を払いました。
YC03.01.png

DXとはなんでしょうか?または、旅行業のDX化はどいうことでしょうか。本記事では、DXの概念とメリットを明らかにした上で、現在日本国内の旅行業DX化のあり方と行き方をめぐって話します。最後のところに、旅行業DX化の推進に役に立つoctoparseのサービスを紹介させていただきます。

本文は主に現在日本の旅行業のDX化の三つの分野をめぐって展開します。

l 旅行情報の整備
l 企業のマーケティング意思決定
l オンライン旅行
 旅行業のDX化にとって、ベースとなったのはデータ収集です。より多くのデータを収集すれば、より良い企業競争力とサービスを改善することができます。

では、日本旅行業に注目を集めるDXとは何か?から始めましょう。

1、DXとは何か?

DX(デジタルトランスフォーメーション)というのは

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立する」

ということです。

この定義から見ると、「データ活用とデジタル技術活用」、「ニーズに基づく」、「競争優位性」という三つのキーワードを有するのがDXの一番重要な特徴です。企業のDX化の推進はその三つのことへの考慮を欠けてはいけません。

2、日本旅行業のDX化は?

実際には、コロナの前に、旅行業はすでに旅行のDX化のを推進し始めました。ただ、コロナの出現は、この動きをさらに加速化にしました。コロナ禍の深刻化によって、旅行業を含めている観光業が不景気になりました。国際的移動の制限と経済の不景気に対して、JTBを代表となった旅行大手が「オンライン旅行」という新たな旅行形態を打ち出しました。それ旅行業にとってきわめて新たな試みだと言えます。

旅行業とIT技術の結合は旅行業にいろんな可能性をもたらしました。現在では、一番目立つ旅行業のDX化は主に三つの面に表れています。

①旅行情報の整備

②企業マーケティングの意思決定

③オンライン旅行


① 旅行情報の整備

旅行の中に道に迷いますなど、言葉が通じないなどの悩みがよくありませんか?このようなトラブルを解決するために、旅行会社が観光地の文化、路線、お勧めの観光スポットなどの情報をすべて細かく旅行ガイドのパンフレットを用意して、より快適な旅行体験をサポートします。

しかし、技術の発展と共に、紙などの持ち物が邪魔だと思う客さんが多くなっています。DXの推進によって、これらの観光施設、交通、観光地などの情報をすべてデジタル化し、オンラインでの情報整備を整っていく必要があります。そうしたら、客さんがスマホンを持つだけで、どこでも、いつでもすぐに情報を快適に手に入れます。情報のデジタル化によって、お客様により良い旅行実体験を提供することができます。

② 企業マーケティングの意思決定

企業の経営活動は一般的に主に、企画、実行、評価、改善という四つの流れがあります。ビックデータの活用やデジタル技術の活用はその四つの経営活動を改善することができます。

まず、旅行企画を考える際に、どの観光地が人気があるのか、年齢別に行きたいところは何ですか、というような旅行市場のニーズを全体的に把握する必要があります。これを分かってから、誰のために、どのようにターゲット層のニーズを照らし合わせて、企画を考えるのがより論理的に展開することができます。ネット上でそれぞれの機関、組織、政府のオーペンデータが公開されていますので、データ抽出技術を通じて、それらのデータは人気のある企画の考え出すことに役立てます。

次は、実行です。これはお客さんが旅行サービスを消費し、旅行を体験するプロセンスです。デジタル化は単なる紙に載せる情報をオンラインにエクスポートのではなく、サービスのデジタル化も重要な目的となります。デジタルサービスの導入は二つメリットがあります。それはサービスの改善とマーケティング情報の収集です。たとえば、お客様がオンラインで旅行情報を探し、サービスの利用すると、企業側がお客様のニーズや関心やマーケティングに役立つ情報を収集することができます。これらの情報を活用して、人気のある企画書を考え出すことができます。

そして、客さんはどのようにこの旅行を評価するのか、それぞれのレビューを収集することによって、サービスを改善します。

③ オンライン旅行

コロナの拡大で、オンライン旅行あるいはオンラインツアーという新たな旅行形態が生まれてきました。

オンライン旅行というのは、インターネットでの旅行疑似体験を通じて、ユーザーの旅行意図と旅行ニーズを喚起しようとする試みです。オンラインツアーは主に二つの種類が分かれています。一つ目は、歴史、文化、民俗などの知識をオンラインでの解説によって学ぶことです。二つ目はライブ配信による旅行体験です。三つ目はVR技術を利用して旅行の疑似体験です。

オンライン旅行は旅行業にとって極めて最新な試みです。この新たな旅行形態に対して、関係者にも、それぞれの考えを持っています。一部分の人がそれをコロナ以降の旅行業再開の「予習旅」として見なしています。他の人はそれを根底的に旅行業を変える変革だと考えています。どちらにとっても、オンライン旅行とIT技術がもっと強く繋がっていく傾向がありました。

3、DX化推進に不可欠なデータ収集

以上は現在の旅行会社が推進している三つの旅行業のDX化の試みです。旅行業はその前にビックデータとデジタル技術に接する機会が少ない、今のコロナ禍でデータ活用とデジタル技術の活用によって従来と異なる新たな旅行形態が生まれる可能性を期待しています。

DX化を推進する作業で、ベースとなっているのはビックデータ収集ということです。大規模なデータの収集することによって、それらをサービスの改善、競争力の向上に大きく役割を果たします。より多くのデータを収集すれば、より良い企業競争力とサービスを改善することができます。

大規模のデータを収集は、データプロバイダの協力が必要となっています。一般の旅行会社で専門なデータプロバイダを設立するならば、非常にコストがかかります。データ収集のニーズをデータ取得代行サービスに外注すれば、低価格でデータ収集ことが可能にまります。ここに、弊社が開発したデータスクレピングツールのOctoparseを推薦させていただきます。

4、Octoparseが何ができますか?

旅行業のDX化にとっては、「SNS]「GIS(地理情報システム)」での情報収集は企業のサービスの改善とマーケティング戦略に役立てます。SNSのような情報更新スビートが速いWebサイトに対して、Octoparseがリアルタイムで情報をモニタリングことができます。または、クラウドサービスのスケジューリングによって、情報収集を自動的に更新することができます。「GIS(地理情報システム)」の情報抽出に対しては、Octoparseは豊かなデータ抽出・収集する経験があり、百万数のWeb上のデータを短い時間に収集することができます。

Web上のデータ抽出と収集はpythonでも実現できますが、Octoparseはpythonと一番大きく違いはコードを書くことです。pythonを使える人はほとんどプログラミングに詳しい人です。でも、多くの人にとって、プログラミング知識を習得することが簡単ではありません。Octoparseはプログラミング知識がなくても、誰でも簡単にデータを抽出することができます。どんな複雑なWebサイトであっても、欲しいデータをすぐに抽出することができます。

Octoparseは個人向けと企業法人向けのサービスがあります。それは、お客様のデータ抽出の要望によって、選択します。個人向けのプランは強力な機能も備えていますが、データ抽出のスビート、数量が有限です。または、リアルタイムでのデータ抽出とクラウドのデータ抽出などの機能もありません。これは大規模なデータ抽出にとって、これは最適なプランではありません。大規模なデータ抽出の場合はOctoparseは大きな企業法人向けに、OctoparseはエンタープライズプランWebデータ収集代行サービスを用意しています。何かご要望があったら、気軽くてOctoparseに問い合わせください。

関連記事:

情報社会において作業効率を上げる25つ事例の改善策

スタートアップの成長におけるビッグデータの活用

Webデータの収集と分析は、ビジネス成長にどのように役立ちますか?

Discussion

ログインするとコメントできます