🔍

【SEO対策】アクセス数を倍増させる!良質な被リンクの増やす方法

4 min read

元記事:https://www.octoparse.jp/blog/how-to-write-articles-that-can-attract-the-most-backlinks/

リンクビルディングとは、他のWebサイトから自分のサイトに対して被リンクを獲得することです。被リンクはSEO対策では決定的な部分です。しかし、2019年5月16日に「Page Quality Raters Guidelines (Webページ品質評価ガイドライン)」が登場したことで、被リンクの効果的な作ることが難しくなっています。
被リンクとは、「良質な被リンク」(ナチュラルリンク)と「悪質な被リンク」(スパムリンク)があります。良質な被リンクは自然に獲得した被リンクのことです。悪質な被リンクは、SEO効果がないどころかGoogleなどの検索エンジンから罰の対象になるというケースもあります。
それだけでなく、被リンクは、単純に「リンク」ではなく、Webページの品質基準を満たし、ユーザーがWebサイトを閲覧する際の体験を向上させる対応策も実施する必要となります。
ここでは、初心者に向けて良質な被リンクを獲得して、アクセス数とSEO効果を倍増させるいくつかの方法とコツを紹介します。

1. 独自のデータ分析を行うこと

根拠のないデータでは、読者からの信頼を得ることは非常に難しいです。 人々は、データに裏付けられた証拠のあるコンテンツに賛成すれば、共有する傾向もあります。例として、この記事は読者に役立つデータや深い分析レポートを提供している記事であれば、人々は記事のリンクをTwitterやFacebookなどのSNSを通じてコンテンツを拡散して、より多くの人に興味をもってもらいやすくなります。

2. 「情報源」になること

自分で調べて、自分のアイデアを裏付けるのに必要なデータを集めてください。 その分、作業量が増えることになるかもしれません。しかし、データが明確に示され、議論が人々にインスピレーションを与える限り、長い目で見れば、その価値は多く被リンクを獲得することができます。他の人が興味を持ったり、自分の創造に良いものを書きます。そして、他人のニーズに応えることで、被リンクを獲得しているのです。

How data analysis helps unveil the truth of coronavirus(コロナウイルスの真実をデータ解析で解明する方法)」という記事が良い例です。この記事は、数ヶ月のうちに数百の被リンクを獲得しました。それ自体が話題を呼ぶ効果があるのはもちろんですが、大切なのは、自分でデータを取集・分析して、その状況をもっと知りたい人たちに向けて発表しました。

(Tableauデータ可視化結果)
詳細:https://public.tableau.com/profile/ashley.han8603#!/vizhome/CoronavirusDataTrend_Octoparse/ProvinceDash?publish=yes

誰でも既存のレポートや分析結果に満足することはありません。最新のデータを取集して既存のレポートを更新したり、既存のデータを新しい視点で提示したりします。もしノンコーダーなら、大量のWebデータを一度に入手するために、プログラミング不要(ノーコード)のWebスクレイピングツールを使うことをお勧めします。Webスクレイピングのテクニックを身につけてください。これが研究のデータ分析に対して役に立ちます。

データを取集する時、新たな悩みが出てくるかもしれません。高度なデータ分析に長けた経験豊富な著者として、複雑な研究課題に取り組むことを求められているだけではなく、良い視点を選んで、根拠をもって詳しく説明し、情報源になるために頑張りましょう。

それだけではありません。自分のレポートの情報源になるだけでなく、先行する研究者の分析結果を参考にすることもできます。権威あるサイトに被リンクすることで、自分のサイトの検索順位に良い影響を与えます。要するに、良い文章を書きましょう。

3. 情報を分かりやすく視覚的になること

インフォグラフィック(視覚情報化)であることは、読みやすくなります。読者に記事を読んでもらえないのであれば、どんなに価値のある洞察に満ちたアイデアであっても、執筆から編集までの一連の作業の意味がありません。

データだらけは退屈です。読み方が理解しやすいように、データを視覚化してみましょう。 人間は視覚に強く依存する生き物です。視覚的に表現するというグラフィック情報は、テキストよりも人々に伝えやすくなります。

同じグループの人たちに向けて、同じトピックについて書いているコンテンツ著者がたくさんいますので、記事の一部の内容を人に興味を持ってくれたら、より多くの閲覧数を獲得することができます。この記事が他の著者の参考になれば、より多くの被リンクを獲得できます。

したがって、画像グラフにロゴやキーワードを入れるべきなのです。そして、被リンクことはあっても、ロゴが消された状態で、宣伝効果になるかもしれません。

ビジュアルデザイナーの方は、データ視覚化になるため、Visme、或いはAdobeのツールをぜひ試してみてください。

4. 上手な見出しの書くこと

多くの人は見出しを見て、この文章を読むかを決めています。
例として、「コンテンツマーケティング事例から見る!成功の秘訣」という見出しは、人はクリックしてしまう。原因としては、「成功」、「秘訣」という言葉は、人々の想像力を刺激し、すぐにドーパミンが作用し始めます。 もしコンテンツマーケティングを始めたばかりであれば、この見出しは訴求ポイントによってユーザーは行動を起こします。

見出しはとてもシンプルで些細なことのように見えますが、多くの人は見落としてしまいます。普段は、ただクリックするだけで、その後にあるメカニズムを考えないような時もあります。見出しの書き方についてはもっと学ぶ必要があると思っています。

新しい記事に対して、魔法のような見出しを作るには、Googleで検索して、上位に表示されている見出しを分析してから書きます。 重要度の高いサイトについては、メインコンテンツを書き終えた後、関連するキーワードをリストアップし、上位にランキングされている記事の見出しをWeb上からかき集めて、それを分析します。

良い検索順位を得ると、被リンクを増やすことができ、SEO効果も倍増させます。

5. まとめ

簡単に言えば、方法は以下になります。
・価値あるデータの発信者となる
・価値あるデータの情報源となる
・読者の興味を引くような見出しをつける
もっと良いコンテンツを作れるように、一緒に頑張りましょう。

関連記事

2021年データ分析・データ可視化ツールおすすめの31選!
スタートアップの成長におけるビッグデータの活用
Webデータの収集と分析は、ビジネス成長にどのように役立ちますか?

Discussion

ログインするとコメントできます