🐈

[Looker]measure に複数の drill を設定

1 min read

[目的]

measure に複数のdrill を設定しどの項目を深堀りするのか選択できるようにしたい

drill_fields で試してみた

意図した通りにならなかった方法です。
まず、深堀りしたい項目をセットします。
複数設定するために、drill_fields ではなく、set を使います

  set: per_device {
    fields: [
      device, visit
    ]
  }
  set: per_source {
    fields: [
      source, visit
      
    ]
  }

作成した項目を measure の drill_fields に設定します。

 measure: visit {
    value_format: "#,##0"
    type: sum
    drill_fields: [per_device*, per_source*]
    sql: hoge;;
  }

結果は、両方の項目がマージされてドリルダウンされました。

まず、ドリルダウン用の measure を作成します。

  measure: drill_visit_device {
    hidden: yes
    type: count
    drill_fields: [device, visit]
  }

  measure: drill_visit_division {
    hidden: yes
    type: count
    drill_fields: [source, visit]
  }

drill_fields で表示したい項目を設定しています。

続いて、ドリルダウンを設定したい measure に link を設定します。

  measure: visit {
    value_format: "#,##0"
    type: sum
    sql: hoge;;
    link: {
      label: "per device"
      url: "{{ drill_visit_device._link }}"
    }
    link: {
      label: "per source"
      url: "{{ drill_visit_division._link }}"
    }
  }

こちらには drill_fields は記載しません。
link って複数書いてもエラーにならないのにびっくりです。
では試してみます。

link に設定した, device, source が選択できるようになっています。
device を選択してみます。

device の項目のみで深堀りできました。
いい感じですね。
元に戻って, source で深堀りしたり、もう一度 measure を選択して、更に深堀りすることができるようになりました。
色々と使い方が広がりそうです。

Discussion

ログインするとコメントできます