Open3

EKSを触ってみる

eksctlを使ってクラスターを作成してみる

https://www.eksworkshop.com/030_eksctl/launcheks/ を参考に以下を実行することでEKS clusterを立ち上げることができる。t3.smallが三つくらい立ち上がるので終わったらリソースを削除することを忘れないように。

eksctl create cluster -f eksworkshop.yaml
eksworkshop.yaml
---
apiVersion: eksctl.io/v1alpha5
kind: ClusterConfig

metadata:
  name: eksworkshop-eksctl
  region: us-east-1
  version: "1.19"

availabilityZones: ["us-east-1a", "us-east-1b", "us-east-1c"]

managedNodeGroups:
- name: nodegroup
  desiredCapacity: 3
  instanceType: t3.small
  ssh:
    enableSsm: true

# To enable all of the control plane logs, uncomment below:
# cloudWatch:
#  clusterLogging:
#    enableTypes: ["*"]

secretsEncryption:
  keyARN: arn:aws:kms:us-east-1:XXXXXXXXXXXXX:key/XXXXXXXXXXXXXXXXXXX

yamlの設定

概要

Kubernetesオブジェクトを.yamlファイルに記載して作成する場合、下記に示すフィールドに値をセットしておく必要があります:

apiVersion - どのバージョンのKubernetesAPIを利用してオブジェクトを作成するか
kind - どの種類のオブジェクトを作成するか
metadata - オブジェクトを一意に特定するための情報、文字列のname、UID、また任意のnamespaceが該当する
spec - オブジェクトの望ましい状態

specの正確なフォーマットは、Kubernetesオブジェクトごとに異なり、オブジェクトごとに特有な入れ子のフィールドを持っています。Kubernetes API リファレンスが、Kubernetesで作成できる全てのオブジェクトに関するspecのフォーマットを探すのに役立ちます。 例えば、Podオブジェクトに関するspecのフォーマットはPodSpec v1 coreを、またDeploymentオブジェクトに関するspecのフォーマットはDeploymentSpec v1 appsをご確認ください。

https://kubernetes.io/ja/docs/concepts/overview/working-with-objects/kubernetes-objects/#必須フィールド

spec部分

managedNodeGroups

Amazon EKS managed nodegroups is a feature that automates the provisioning and lifecycle management of nodes (EC2 instances) for Amazon EKS Kubernetes clusters. Customers can provision optimized groups of nodes for their clusters and EKS will keep their nodes up to date with the latest Kubernetes and host OS versions.

https://eksctl.io/usage/eks-managed-nodes/

secretsEncryption

EKS supports using AWS KMS keys to provide envelope encryption of Kubernetes secrets stored in EKS. Implementing envelope encryption is considered a security best practice for applications that store sensitive data and is part of a defense in depth security strategy.

https://eksctl.io/usage/kms-encryption/#creating-a-cluster-with-kms-encryption-enabled

eksctl craete clusterすると裏でcloudformationが動いている

node group用のcloudformation

cluster用のcloudformation

Reference

config file

https://eksctl.io/usage/schema/

EKS creating cluster

https://eksctl.io/usage/creating-and-managing-clusters/

EKS clusterを作成するためのyamlのサンプル

https://www.eksworkshop.com/030_eksctl/launcheks/

EKS Clusterの権限管理はIAM Principalとマッピングを作れるらしい

https://eksctl.io/usage/iam-identity-mappings/

workshopだとこんな感じで自分のIAMにadmin付与してた。

eksctl create iamidentitymapping --cluster eksworkshop-eksctl --arn ${rolearn} --group system:masters --username admin

sample applicationをクラスター上にデプロイする

アプリケーションをデプロイする

kubectl apply -f kubernetes/deployment.yaml

デプロイの詳細(どのイメージを利用するか、どんなデプロイ方法かなど)がyamlに記載される

deployment.yaml
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: ecsdemo-nodejs
  labels:
    app: ecsdemo-nodejs
  namespace: default
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: ecsdemo-nodejs
  strategy:
    rollingUpdate:
      maxSurge: 25%
      maxUnavailable: 25%
    type: RollingUpdate
  template:
    metadata:
      labels:
        app: ecsdemo-nodejs
    spec:
      containers:
      - image: brentley/ecsdemo-nodejs:latest
        imagePullPolicy: Always
        name: ecsdemo-nodejs
        ports:
        - containerPort: 3000
          protocol: TCP

サービスとして公開する

kubectl apply -f kubernetes/service.yaml

このyamlではTypeを指定していないのでデフォルトのClusterIPが利用される。

ClusterIP: クラスター内部のIPでServiceを公開する。このタイプではServiceはクラスター内部からのみ疎通性があります。このタイプはデフォルトのServiceTypeです。

service.yaml
apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: ecsdemo-nodejs
spec:
  selector:
    app: ecsdemo-nodejs
  ports:
   -  protocol: TCP
      port: 80
      targetPort: 3000

以下のようにtypeをLoadBalancerにするとアプリケーションにLoadBalacner経由で外部からアクセスができるようになる。

apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: ecsdemo-frontend
spec:
  selector:
    app: ecsdemo-frontend
  type: LoadBalancer
  ports:
   -  protocol: TCP
      port: 80
      targetPort: 3000

Reference

サンプルのyamlは以下のものを利用

https://www.eksworkshop.com/beginner/050_deploy/applications/

https://kubernetes.io/ja/docs/concepts/workloads/controllers/deployment/

https://kubernetes.io/ja/docs/concepts/services-networking/service/
作成者以外のコメントは許可されていません