📐

ハイパーカジュアルゲーム開発をはちゃめちゃ楽にするアセット

3 min read

開発期間を短縮するために既にあるものを積極的に使おう

ハイパーカジュアルゲームは通常のゲーム開発のビジネスモデルと異なりプレイ可能なデモを早期に用意することが必要です。
基本的にはゲームのコアな遊びとその周辺の演出を2週間で開発しなければなりません。[1]
理想とする開発期間を目指すためにどうしてもゲームに実装するモデルやエフェクトの開発に割くを十分に取ることができません。

そのためにUnityのAsset Storeや他のアセットダウンロードサイトを活用して
デザイン・機能の実装[2]やストア情報の用意にかかる時間を短縮することがほとんど必須で、必要に応じて適したアセットを探す必要があります。

これからハイパーカジュアルの開発を行う人、これからも開発を継続する人(主に自分)が今現在よく使われているであろうアセットを参照しやすくすることで
少しでも生存確率を上げられるようにこの記事を記載します。

モデル

人形のキャラクターはHumanoidのリグに対応しているものを使ったほうが圧倒的に効率が良いです。
ハイパーカジュアルでよく使われるのは以下のものだと思います。

エフェクト

機能

よく使われる破壊表現やセーブ機能などに関わるスクリプト

更新について

アセットについては定期的に更新したいと考えています。

脚注
  1. 現在はハイパーカジュアルゲームのミッドコア化が進んでいるためもっと期間を取るという戦略もあるが ↩︎

  2. この記事でのデザインはキャラクターのモデルやアニメーション、エフェクト、UIなどの目に見える素材を指す ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます