🦁

wingetでアプリのインストーラーオプションに対応したパッケージ管理モジュール「posh-winget」をリリースしました

1 min read

はじめに

待望のWindows公式パッケージマネージャー「winget」がリリースされ、そろそろ実用しても問題ない状態になってきたように思います。

まだ一部のアプリケーションがwingetに公開されていなかったりしますが、多くのアプリケーションが利用できる状態にもなっています。

ただ個人的には大きな不満があります。

それは、一括インストールするimportコマンドでインストーラーオプションの指定がサポートされていないことです。(importファイルのjsonスキーマを見ると明確です。)

winget installコマンドではサポートされているので、そのうちサポートされるんでしょうけど、事情があってそれは待てない!ってことで自作しました。

公式がサポートしてくれるまでの、お助けモジュールです。

インストール

posh-wingetはPowerShellのモジュールとして作成したので、PowerShellでつぎのように実行することでギャラリーからインストールできます。

Install-Module posh-winget

設定ファイル

たとえばwinget.ymlのような名前のYAMLファイルを作成し、つぎのように設定を記述します。

- id: Git.Git
- id: Microsoft.VisualStudioCode
  packageParameters: >-
    /VERYSILENT
    /NORESTART
    /MERGETASKS=!runcode,addcontextmenufiles,addcontextmenufolders,associatewithfiles,addtopath

packageParametersでインストーラーオプションを指定できます。

どのようなオプションがあるかは、各アプリケーションのインストーラーを調べてください。

一括インストール

記載した設定ファイルを利用してつぎのように実行します。

Invoke-WingetImport winget.yml

さいごに

公式がはやいとこ対応してくれて、これが不要な世界が早く訪れることを期待しています。

Discussion

ログインするとコメントできます