🦁

Windows Server の評価版から製品版にライセンス変更する方法

1 min read

Windows Server 20xxを評価版ライセンスから製品版に変更する方法。
ライセンス購入が間に合わない・・・でも構築しないとスケジュールが・・・という時に使ってる。
なお、ActiveDirectory が構築された評価版は ActiveDirectory をアンインストールしないと駄目なので注意。

変更可能なライセンス

評価版から下記の製品版にすることができる。

実際に評価版からボリュームライセンス版に変更は確認済み

手順

管理者権限でコマンドプロンプト(PowerShellでもいい)を起動する。
起動後、下記コマンドを実行し、現在のエディションを確認(Evalが評価版)。

C:\Users\Administrator>DISM /online /Get-CurrentEdition

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.14393.0

イメージのバージョン: 10.0.14393.0

現在のエディション:
現在のエディション : ServerStandardEval

操作は正常に完了しました。

製品版のライセンス認証を実施(プロダクトキー及びインターネット接続が必要)。
インターネット接続がない場合は電話認証などを検討する。

DISM /online /Set-Edition:<エディション ID> /ProductKey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX /AcceptEula

エディションIDは下記参照。

エディション エディションID
Standard ServerStandard
DataCenter ServerDataCenter

認証エラーが発生した場合は「トラブルシューティング」で再度認証を実施し、再起動を実施すると上手くいくらしい。

参考画像

Image from Gyazo

Discussion

ログインするとコメントできます