🔭

Laravel9、コントローラのテスト時、ドカンと表示されるエラーの確認が少し楽になります。

2022/02/14に公開約800字

本題

Ver.8.51以降、コントローラのテストでステータスコードをチェックする際、500エラーが発生したら、withoutExceptionHandling() を書かなくても、例外エラーがドカンと表示されるようになりました。

これはこれで便利なのですが、エラーが表示される度に、毎回上部までスクロールして(Stack Trace は無視して)、一番知りたいエラーメッセージを確認する必要がありました。これは地味に手間でした。

そこで、以前の記事では、そのエラーメッセージ(Stack Trace 含め)の順番を入れ替える小技を紹介しましたが、その小技は、色んな案件を扱っていると、「今は、昇順なのか、降順なのか、瞬間的に分かりにくい」という欠点がありました。

ならば、一番知りたいエラーメッセージを下部にも表示させてやれば良いのでは?と思い、ほんの数行ばかりのプルリクですが送ってみたら、Tailor氏の調整を経つつ、マージされました。

言葉で書くより、画像で見た方が分かり易いので、イメージ画像を貼り付けさせていただきますと…。

【Before】

【After】

雑感

ちょっとばかしですが、開発が楽になるでしょうか。

Ver.9.1 からそうなります。

Discussion

ログインするとコメントできます