👻

Laravelでの開発でいつもやってることまとめ

8 min read

php7.4.3、Laravel 8.49.0で検証

ログのローテーション

デフォルトではstolage/logs/laravel.logの1ファイルに全て出力されるので特に本番環境などではローテーションとログの保存期間について注意する。また、permissionを環境に合わせて設定する

.env
LOG_CHANNEL=daily
config/logging.php
・・・
'channels' => [
    'daily' => [
        'driver' => 'daily',
        'days' => 90,
        'permission' => 0664,
    ],
],

エラー通知

例外が発生したときに通知を送りたい。スキップしたい例外は$dontReportに追加する。

app/Exceptions/Handler.php
class Handler extends ExceptionHandler
{
    protected $dontReport = [
        \Illuminate\Auth\AuthenticationException::class,
        \Illuminate\Validation\ValidationException::class,
        \Illuminate\Auth\Access\AuthorizationException::class,
        \Illuminate\Database\Eloquent\ModelNotFoundException::class,
        \Symfony\Component\HttpKernel\Exception\HttpException::class,
    ];
    ・・・
    public function report(Throwable $e)
    {
        if ($this->shouldReport($e)) {
	    // 必要な情報をメールやSlackに通知する
            // $e->getMessage()、$e->getCode()、$e->getFile()、$e->getLine();
        }

        parent::report($exception);
    }
}

https対応

httpsなサービスで、ロードバランサー配下にLaravelアプリがあってhttpでアクセスされる場合などは特に注意が必要。リンクやリダイレクト、authまわりの認証付きURLの挙動の確認が必要

.env
APP_SCHEME=https
app/Providers/AppServiceProvider.php
class AppServiceProvider extends ServiceProvider
{
    ・・・
    public function boot(UrlGenerator $url)
    {
        if (env('APP_SCHEME') == 'https') {
            $url->forceScheme('https');
            $this->app['request']->server->set('HTTPS', true);
        }
}

$this->app['request']->server->set('HTTPS', true)については、ここここを参考

APIのエラーレスポンスのjson化

404エラー

app/Exceptions/Handler.php
class Handler extends ExceptionHandler
{
    ・・・
    public function render($request, Throwable $exception)
    {
        if (!$request->is('api/*')) {
            // API以外は何もしない
            return parent::render($request, $exception);
        } else if ($exception instanceof ModelNotFoundException) {
            // Route Model Binding でデータが見つからない
            return response()->json(['error' => 'Not found'], 404);
        } else if ($exception instanceof NotFoundHttpException) {
            // Route が存在しない
            return response()->json(['error' => 'Not found'], 404);
        } else {
            return parent::render($request, $exception);
        }
    }
}

その他エラー

LaravelではhttpリクエストヘッダーAccept: application/jsonの有無でエラー時のレスポンス形式を判定しているのでapiへのリクエストでは強制的にこのヘッダーを付与する

app/Http/Kernel.php
class Kernel extends HttpKernel
{
    ・・・
    protected $middlewareGroups = [
        'api' => [
            \App\Http\Middleware\AcceptJson::class,
	    ・・・
        ],
    ];
}
app/Http/Middleware/AcceptJson.php
namespace App\Http\Middleware;

use Closure;
use Illuminate\Http\Request;

class AcceptJson
{
    public function handle(Request $request, Closure $next)
    {
        $request->headers->set('Accept', 'application/json');
        return $next($request);
    }
}

APIのレスポンスはエスケープしない

app/Http/Kernel.php
class Kernel extends HttpKernel
{
    ・・・
    protected $middlewareGroups = [
        'api' => [
            \App\Http\Middleware\UnescapeJsonResponse::class,
	    ・・・
        ],
    ];
}
app/Http/Middleware/UnescapeJsonResponse.php
<?php

namespace App\Http\Middleware;

use Illuminate\Http\JsonResponse;

class UnescapeJsonResponse
{
    public function handle($request, \Closure $next)
    {
        $response = $next($request);

        // JSON以外は何もしない
        if (!$response instanceof JsonResponse) {
            return $response;
        }

        // エンコードオプションを追加して設定し直す
        $newEncodingOptions = $response->getEncodingOptions() | JSON_UNESCAPED_UNICODE;
        $response->setEncodingOptions($newEncodingOptions);

        return $response;
    }
}

日本語化とタイムゾーン変更

config/app.php
'timezone' => 'Asia/Tokyo',
'locale' => 'ja',
Larvelドキュメントより
$ php -r "copy('https://readouble.com/laravel/8.x/ja/install-ja-lang-files.php', 'install-ja-lang.php');"
$ php -f install-ja-lang.php
$ php -r "unlink('install-ja-lang.php');"

任意の時間でシミュレート

この例ではシミュレートしたい日時を.envで管理。非プログラマーが検証するケースがある場合はテーブルで管理するのもあり

.env
DEBUG_DATE=2021-11-01

web用

app/Http/Kernel.php
class Kernel extends HttpKernel
{
    ・・・
    protected $middlewareGroups = [
        'web' => [
	    ・・・
            \App\Http\Middleware\SetSimulationDateTime::class,
        ],
    ];
}
app/Http/Middleware/SetSimulationDateTime.php
<?php

namespace App\Http\Middleware;

use Carbon\Carbon;
use Closure;
use Illuminate\Http\Request;

class SetSimulationDateTime
{
    public function handle(Request $request, Closure $next)
    {
        if (env('APP_ENV') == 'local') {
            if (env("DEBUG_DATE")) {
                // Too Many Request対策で時分秒は変わるように
		Carbon::setTestNow(new Carbon(
                    env("DEBUG_DATE") . ' ' . date("H:i:s")
                ));
            }
        }
        return $next($request);
    }
}

batch用

baseクラスを作って、app/Console/Commands以下のクラスではこれを継承させる

app/Console/Commands/BaseCommand.php
<?php

namespace App\Console\Commands;

use Carbon\Carbon;
use Illuminate\Console\Command;

abstract class BaseCommand extends Command
{
    public function __construct()
    {
        parent::__construct();

        if (env('APP_ENV') == 'local') {
            if (env("DEBUG_DATE")) {
                Carbon::setTestNow(env("DEBUG_DATE"));
            }
        }
    }
}

DBレプリケーション設定

.env
DB_MASTER_HOST=127.0.0.1
DB_MASTER_USER=master_user
DB_MASTER_PASS=master_password

DB_SLAVE_HOST=127.0.0.1
DB_SLAVE_USER=slave_user
DB_SLAVE_PASS=slave_password
config/database.php
'connections' => [
    ・・・
    'mysql' => [
        'driver' => 'mysql',
        'read' => [
            'host' => [
	        env('DB_SLAVE_HOST'),
            ],
            'username' => env('DB_SLAVE_USER'),
            'password' => env('DB_SLAVE_PASS'),
            'port' => env('DB_PORT', '3306'),
        ],
        'write' => [
            'host' => [
	        env('DB_MASTER_HOST'),
            ],
            'username' => env('DB_MASTER_USER'),
            'password' => env('DB_MASTER_PASS'),
            'port' => env('DB_PORT', '3306'),
        ],
        'sticky' => true,
	・・・
    ],
    ・・・
],

エラーページ

以下のコマンドでresources/views/errorsにデフォルトで用意されているエラーページがコピーされる。特定のエラーコードの場合にLaravelデフォルトのエラーページが表示されてしまうことを避けるために最初にやってしまう

$ php artisan vendor:publish --tag=laravel-errors

アプリとマイグレーションでリポジトリを分ける

運用ルールによるが、私はgitのmasterブランチにマージしたものはいつでもデプロイ可能なものとしている。プログラムとマイグレーションをセットでデプロイしたいケースで、マイグレーション完了前に、プログラムが動くとエラーになる場合を回避するためにリポジトリを分けている

デプロイのイメージ
$ cd /path/to/マイグレーション用プロジェクト
$ git pull
$ php artisan migrate

$ cd /path/to/アプリ用プロジェクト
$ git pull

デプロイ用にEnvoyをセットアップ

.envは環境ごとに.env.develop .env.productionなどを準備する。

インストール
$ composer require laravel/envoy
Envoy.blade.php
@servers(['web' => ['web1', 'web2'], 'migrate' => ['web1']])

@story('deploy', ['confirm' => true])
    deploy_migrate
    deploy_web
@endstory

@task('deploy_web', ['on' => 'web'])
    cd /path/to/アプリ用プロジェクト
    git pull
    composer install
    cp .env.production .env
@endtask

@task('deploy_migrate', ['on' => 'migrate'])
    cd /path/to/マイグレーション用プロジェクト
    git pull
    cp .env.production .env
    composer install
    php artisan migrate
@endtask
デプロイ
$ php vendor/bin/envoy run deploy

便利なプラグインの導入

必須じゃないけどこの辺は導入を検討。本番環境では無効化しなければいけないものは注意が必要

N+1の検知

https://github.com/beyondcode/laravel-query-detector

httpリクエストのロギング

https://github.com/spatie/laravel-http-logger

sqlのロギング

https://github.com/overtrue/laravel-query-logger

おわりに

今回は非コンテナ環境を想定

Discussion

ログインするとコメントできます