💚

作成したスマートコントラクトをローカル環境でテストする方法

2023/01/09に公開

はじめに

私は、最近 Web3 分野の学習を始めました。
その学習のアウトプットとして本記事を書くことにしました。
間違った情報を記載している場合はご指摘願います。

本記事のゴール

  • Hardhat のインストールができる
  • 作成したスマートコントラクトをローカル環境でテストする方法がわかる

説明しないこと

  • Web3 の用語(スマートコントラクト、DAO、NFT、メタバース など)
  • スマートコントラクタの作成方法
  • Solidity 言語について

それでは本題に入っていきます。

そもそも Hardhat って?

Hardhat とは、Solidity 言語でスマートコントラクトを開発するための開発環境のことです。
Hardhat では主に以下のことができます。

  • スマートコントラクトのコンパイル
  • スマートコントラクトのローカル環境実行
  • スマートコントラクトの本番環境へのデプロイ

Hardhat のインストール

作業したいディレクトリに移動して次のコマンドを実行します。

mkdir your-project-name
cd your-project-name
npm init -y
npm install --save-dev hardhat

1例ではありますが、私の場合はこんな感じでやってます。

web3
 ┗ ここでコマンドを実行

次に、Hardhat コマンドを実行します。

npx hardhat

すると、What do you want to do?というメッセージが表示されます。
自分が書きたい言語(JavaScript or TypeScript)によって、

  • Create a JavaScript project
  • Create a TypeScript Project

の好きな方を選択しましょう。

この後にも、質問がいくつかありますが全てEnterキー押下で問題ないです。

Hardhat の実行

作成されたプロジェクトフォルダ内で次のコマンドを実行し、すべてが機能していることを確認します。

 npx hardhat compile
 npx hardhat test

次のように表示されれば OK です。
hardhat-complete
hardhat-directry

最後に、testフォルダ、contractsフォルダ配下にあるLockファイルを削除しておきましょう。

スマートコントラクトのローカル環境でのテスト

次のコマンドを入力することでローカル環境で実行することができます。

npx hardhat run scripts/run.js

スマートコントラクトをローカル環境にデプロイ

次のコマンドを入力することでスマートコントラクトをローカル環境にデプロイすることができます。

npx hardhat node
npx hardhat run scripts/deploy.js --network localhost

参考

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます