☁️

AWS認定DOP(DevOps Engineer - プロフェッショナル)試験に合格しました

2022/10/31に公開約3,000字

この記事について

2022/10/30にAWS認定DOP(DevOps Engineer - プロフェッショナル)試験(以下DOP試験)を受験し、無事合格しました!

この記事ではDOP試験を受験するにあたって、どのような対策を行ったのかを紹介します。

前提

前提として、DOP受験前の私は以下のような状態でした

  • 2012年頃に自社サービスの会社でAWSにさわり始めた
  • アーキテクトとして5年以上AWSを業務で使用している
  • 過去にオンプレミス環境も構築したことがある(CentOS, Debian, Ubuntu)
    • 自宅でもUbuntuサーバーを構築・運用している
  • EC2やECS、Lambda、S3、RDS関連は業務でよく触っている
  • AWS認定は以下の3つを取得している
    • SAA(ソリューションアーキテクト - アソシエイト)
    • DVA(デベロッパー - アソシエイト)
    • SAP(ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル)

スケジュール

今回は以下のようなスケジュール感でDOP試験を受験しました。

  • 2022/9/14 - DOP試験の受験申し込み
  • 2022/10/17-2022/10/29 - DOP試験対策、AWS Skill Builderで模擬試験受験
  • 2022/10/30 - DOP試験受験、合格

DOP試験対策

今回DOP試験対策として、以下の2つを行いました。

1. AWS Skill BuilderでDOP模擬試験を実施

以前は有料だった模擬試験が、2021年11月18日からAWS Skill Builderの1コースとして提供されるようになり、しかも無料で受けられるようになっています。

今回受験したコースは以下↓

https://explore.skillbuilder.aws/learn/course/external/view/elearning/12514/aws-certified-devops-engineer-professional-official-practice-question-set-dop-c01-japanese

模擬試験の問題は20問あり、回答する度にその場で正解か不正解かわかるようになっていました。簡単な解説もついていたので、とてもありがたかったです。

ちなみに、模擬試験初回の正答率は70%(20問中14問正解)でした。

DOP試験の合格ラインが75%で、そのラインには少し足りていませんでしたが、本試験は模擬試験よりも数があるのと、対策をすればなんとかなりそうだということでDOP試験を受けることにしました。

2. 模擬試験の解説で紹介されていたサービスに関するドキュメントをひたすら読む

以前受験したAWS認定SAP試験の時は、日本語で書かれた対策本があったのでそれを中心に学習を進めていきました。

https://qiita.com/notakaos/items/87837b20d11c92d0326e

しかし、DOP試験に関しては日本語で書かれた対策本を見つけられなかったため、模擬試験ででてきたAWSサービス名をメモっておき、そのサービスのドキュメントやBlackbeltのスライド/動画をひたすら探していくという学習方法をとりました。

また、模擬試験の解説で補足のURLがあり、そのドキュメントにも目を通すようにしました。

試験当日

試験会場は、SAP試験の時と同様、自宅から近いテストセンターで試験を受けることにしました。

試験会場には30分前に到着し、受付を済ませた後は手荷物などをロッカーにいれ、その後試験の説明を受けてから試験会場に入室し、すぐに試験開始となりました。

DOP試験は180分で75問を解く必要があります(1問あたり約2.4分)。

SAP試験同様、プロフェッショナルレベルの試験だと即答できるような問題はほとんどなく、問題文に書かれている条件をしっかりと確認しながら回答していきました。

今回は、前回受験したSAP試験の経験がかなり活かせたと思います。

75問一通り回答し終えた時点での残り時間は36分で、フラグが付いている問題はは約半数ありました。

そこからフラグが付いている問題を見直しし、ある程度確信が持てた問題についてフラグを外していったところ、最終的に残ったフラグは26問となりました。

SAP試験の時に比べると、ある程度大丈夫だと思えた問題が多かったです。

問題をすべて見直しして、5分程余っていましたが、アンケート回答に進み、アンケートにも回答し終わったところで、今回の試験結果が画面に表示されました。

画面には、

    合格

の文字が表示され、内心ガッツポーズをしながら静かに部屋を退室。

その後、受付で試験終了の手続きを行い、試験会場を後にしました。

試験後のツイート↓

https://twitter.com/notakaos/status/1586570895648206848?s=20&t=p-9BJKqbXz_z3x28ewQbXg

スコアレポート

https://twitter.com/notakaos/status/1586683716646375426?s=20&t=p-9BJKqbXz_z3x28ewQbXg

DOP試験の点数は 829/1000 でした。

今回はある程度確信が持てた問題が多かったので、無事合格ラインの750点を超えられて一安心です。

AWS認定取得まとめ

これまで取得したAWS認定は以下の通りです。今回のDOPで4つ目となりました。

名称 取得日 スコア
SAA (ソリューションアーキテクト - アソシエイト) 2019-02-13 816 / 1000
DVA (デベロッパー-アソシエイト) 2019-10-31 831 / 1000
SAP (ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル) 2022-02-12 798 / 1000
DOP (DevOps Engineer - プロフェッショナル) 2022-10-31 829 / 1000

さいごに

今回DOP試験に合格できて本当に嬉しいです。

前回受験したSAP試験の経験があったので、DOP試験は問題に集中することができました。経験って大事ですね!

また、アソシエイトレベルのDVA認定の認定期限が2022/10/31に迫っていたのですが、DOP認定を受けたことで、DVA認定も再認定されました。一石二鳥!

次はスペシャリティレベルのデータベース、セキュリティ、高度ネットワーキング辺りを狙っていきたいです。

Discussion

ログインするとコメントできます