👻

Git のエラー "object file is empty" や "loose object is corrupt" の直し方

2023/07/14に公開

エラー内容

Git 操作をしている間に Raspberry Pi がフリーズしてしまい、再起動後にリポジトリの状態を確認しようとしたら以下のようなエラーが発生しました。

shell
git status
error: object file .git/objects/fb/38f089a711a4dfcd7843114d25158dded221ff is empty
error: object file .git/objects/fb/38f089a711a4dfcd7843114d25158dded221ff is empty
fatal: loose object fb38f089a711a4dfcd7843114d25158dded221ff (stored in .git/objects/fb/38f089a711a4dfcd7843114d25158dded221ff) is corrupt

エラーが発生したリポジトリのリモートリポジトリを別の場所で clone して、.git ディレクトリの中身を丸ごと差し替えるという方法もありますが、今回はリモートリポジトリを作成していない場合も想定してリモートリポジトリを使わずに上記のエラーを修正する方法について紹介しようと思います。

リポジトリのルートディレクトリに移動

ここから先の作業ではリポジトリのルートディレクトリにいると仮定します。そうでない場合はまず最初に移動してください。

Shell
cd /path/to/repo

空のファイルを削除

エラーメッセージを見ると Git の情報を管理する一部のファイルが空になっており、データが破損していると書かれています。そのため、まずは該当するファイルを見つけます。

Shell
find .git -type f -empty
.git/FETCH_HEAD
.git/objects/dc/3f1dc308cf66273606e6ff0f3f308676eb0caa
.git/objects/d3/8b76bbf4b80f372e2d19cd738bec8ccafbfc32
.git/objects/fb/38f089a711a4dfcd7843114d25158dded221ff
.git/objects/d4/720586ff6baf19a14ae8ccc883d54d8a3d6e4c

git status では .git/objects/fb/38f089a711a4dfcd7843114d25158dded221ff しか表示されませんでしたが、実際にはそれ以外にもいくつか空もしくは破損しているファイルが存在します。

これらのファイルの中にあった情報は何らかの原因で消えてしまったためファイルごと削除します。

Shell
find .git -type f -empty -delete

HEAD の向き先を変更

破損したファイルを削除したところでもう一度 Git の状態を見てみます。

Shell
git status
fatal: bad object HEAD
error: option `merged' must point to a commit

エラーメッセージが変わりました。今度は HEAD の向き先がおかしいと書かれています。先ほど削除した .git/FETCH_HEAD が今まで HEAD になっていたようですが、これを削除したために向き先がおかしくなってしまったということです。

そこで、現存する最新の履歴を見てみます。

Shell
tail -n 2 .git/logs/refs/heads/main

メインブランチ名が master の場合は .git/logs/refs/heads/master に変えて実行してください。

4f04774918baa04669a12bec9d8a64b3c65a95b4 b51206040e9446f1acc8b6da1ecd1101f013e6e1 noraworld <mail@noraworld.com> 1686930840 +0900	commit: Add new conf: Netflix Allow

これが現存する最新の履歴のようなので、HEAD がここを指すように変更します。

Shell
git update-ref HEAD b51206040e9446f1acc8b6da1ecd1101f013e6e1

b51206040e9446f1acc8b6da1ecd1101f013e6e1 の部分は tail -n 2 .git/logs/refs/heads/main で表示された 2 つのコミットハッシュのうちの 2 つめのものを指定します。

最終確認

最後にもう一度ステータスを確認してみます。

Shell
git status
On branch main
Your branch is up to date with 'origin/main'.

nothing to commit, working tree clean

エラーが解消されもとに戻ったことが確認できました。

参考サイト

Gitのfatal: loose object *** is corruptを解決する

GitHubで編集を提案

Discussion