💡

Github API を呼び出す JavaScript Action using TypeScript のテストを書く Tips

1 min read

Create a JavaScript Action using TypeScript を元に TypeScript で JavaScript Action を書いた時に、テストの方法が元のリポジトリだけでは分からなかったので記録する。

テストする対象のコード

https://github.com/nokamoto/merge-conflict-action
import * as github from "@actions/github";

export async function listPulls(){
  const octokit = github.getOctokit(token);

  return octokit.rest.pulls
    .list({
      owner: owner,
      repo: repo,
    })
}

@actions/github で Rest API を呼び出している部分をモックしたい。

調べた感じ octokit/fixtures も使えるかもしれなかったが、オーバーキルに見えたので jest で出来ないかを試していた。

モック化するテストコード

  const setup = (list: jest.Mock) => {
    const getOctokit = jest.fn().mockImplementation(() => {
      const { GitHub } = jest.requireActual("@actions/github/lib/utils");
      return {
        ...GitHub,
        rest: {
          pulls: { list: list },
        },
      };
    });

    jest.spyOn(github, "getOctokit").mockImplementation(getOctokit);

    return [getOctokit];
  };

getOctokit を spyOn でモック化する。

const { GitHub } = jest.requireActual("@actions/github/lib/utils");

GitHub を与えていないと tsc がコンパイルエラーを吐いていたので試行錯誤していた。

モックを使うテストコード

    const list = jest.fn().mockImplementation(() =>
      Promise.resolve({
        data: [],
      })
    );

    const [getOctokit] = setup(list);

正常系のレスポンスをテストする場合は Promise.resolve を返す実装を与える。

    const list = jest
      .fn()
      .mockImplementation(() => Promise.reject(new Error("failed")));

    const [getOctokit] = setup(list);

異常系のレスポンスをテストする場合は Promise.reject を返す実装を与える。

気になったこと

Promise.resolve で返す型が適当なので実行時エラーが起きるのが気になる。ただし、型で制約が掛かりすぎてもテストを書くのが面倒になると思うので、仕方ないかもしれない。

Discussion

ログインするとコメントできます