Chapter 08

ルーターの使用例

NoboNobo
NoboNobo
2020.10.21に更新
このチャプターの目次

ハッシュを使ったルーターの利用

例:
"github.com/nobonobo/spago/router"をインポートして、
main 関数で以下のように書きます。

r := router.New()
r.Handle("/login", func(key string) {
	log.Println(router.GetURL())
	spago.SetTitle("Login")
	spago.RenderBody(&views.Login{})
})
r.Handle("/", func(key string) {
	log.Println(router.GetURL())
	spago.SetTitle("Top")
	spago.RenderBody(&views.Top{})
})
if err := r.Start(); err != nil {
	println(err)
	spago.RenderBody(router.NotFoundPage())
}

上記の例ではそれぞれ、以下のようなURLでアクセス可能になる。

  • <hostname:port>/#/」
  • <hostname:port>/#/login」

router.Navigate("/")router.Navigate("/login")にて遷移できます。

アンカーの場合は「href="#/"」や「href="#/login"」で遷移できます。