Chapter 04

SpaGoコマンドラインツール

NoboNobo
NoboNobo
2020.10.28に更新

ツールのサブコマンド一覧

$ spago
Usage of spago:
  commands:
    new		component scafold
    generate	html to go for spago code generator
    server	development http server
    deploy	deploy static files

spago new

コンポーネントの雛形作成

spago new [option] ComponentName

Usage of new:
  -p string
    	output package name (default "main")

spago generate

HTML記述をSpaGoマークアップにトランスレート

spago generate [options] source.html

Usage of generate:
  -c string
    	component name
  -o string
    	output filename
  -p string
    	output package name (default "main")

spago server

開発用サーバーの起動

spago server [options]

Usage of server:
  -addr string
    	listen address (default ":8080")
  -p value
    	proxy url(value="path=URL")
  -tinygo
    	use tinygo tool chain

-pはリバースプロキシ指定で複数指定できます。
サーバーに届いたリクエストパスのプレフィックスがpathと合致したらリクエストをURLへ転送します。

spago deploy

公開用静的ファイルを生成する

spago deploy [option] DestFolder

Usage of deploy:
  -tinygo
    	use tinygo tool chain