💡

Sitecore 10.2 の JavaScript SDK (JSS) でヘッドレス開発環境を起動する

2 min read

こちらの手順を実施していきます。

https://doc.sitecore.com/en/developers/hd/190/sitecore-headless-development/walkthrough--setting-up-a-development-environment-with-the-sitecore-containers-template-for-next-js.html

テンプレートをインストール

dotnet new -i Sitecore.DevEx.Templates --nuget-source https://sitecore.myget.org/F/sc-packages/api/v3/index.json

プロジェクトを作成

dotnet new sitecore.nextjs.gettingstarted -n MyProject2

初期化

ライセンスのパスは適宜変えてください。iisなどのサービス停止やチェックは省いています。

cd MyProject2
.\init.ps1 -InitEnv -LicenseXmlPath "C:\License\license.xml" -AdminPassword "b"

起動

初回起動の手順が PowerShell に記載されています。

.\up.ps1

API認証

起動の途中でAPI認証のためのログイン画面が出ます。

「Yes, Allow」をクリック

API認証完了です。

起動後インデックスをリビルド

管理画面でも出来ますがコマンドで可能です。

dotnet sitecore index schema-populate
dotnet sitecore index rebuild

up.ps1 には dotnet sitecore index schema-populate が含まれているので、 dotnet sitecore index rebuild を別途実行するでも良いです。

サンプルページの表示

すべて正常に起動すると、ブラウザが自動で立ち上がり確認できます。

終了方法

docker-compose down で終了できます。

2回目以降の起動方法

up.ps1 を再度実行してもよいですが、すでに初期化は終わっているので docker-compose up で起動が可能です。

ブラウザから直接 https://cm.myproject2.localhost/https://cm.myproject2.localhost/sitecore にアクセスしてください

トラブルシューティング

コンテナ起動に関するトラブルシューティングは以下にまとめていますので、うまく起動しない場合参考にしてください。

https://zenn.dev/nnasaki/articles/c7505ef866c430

また、ヘッドレス固有の問題は以下にまとめていますのであわせてご覧ください。

https://zenn.dev/nnasaki/articles/2c4b5e7531be5c

Discussion

ログインするとコメントできます