DeZeroでGPUを有効にする方法について

1 min読了の目安(約800字TECH技術記事

ゼロから作るDeep Learning❸』で作るフレームワークDeZeroですが、GPUを有効するためにCUDAのバージョンに合ったcupyをインストールする必要があります。GPUの実行例は、既にcupyがインストールされているGoogle Colaboratoryが前提になっていることもあるかもしれませんが、cupyのインストール方法がoreilly-japan/deep-learning-from-scratch-3で見つからなかったので共有します。

例えばCUDA10.2の場合、次のようにするだけです。

pip install cupy-cuda102

基本的にCUDAのversionがXY.Zの場合、cupy-cudaXYZをインストールすれば良いということだと思います。これはcupyの公式ページのトップに載っているのですが、ちょっと本読む前にgithubリポジトリに公開されているexamplesでGPU実行したらどうなるか試してみようかなというときに、ちょっとガッツが必要かなと思います。

更にDeZeroをpipでインストールすればDeZeroの実行環境は整います。examplesを実行しようと思えば、更にjupyter notebookを入れれば良いと思います。

pip install dezero
pip install jupyterlab
pip install matplotlib

githubリポジトリにも書いてありますが、次のコードを実行して、Trueが帰ってくればGPUが有効になっていることが確認できます。

import dezero
dezero.cuda.gpu_enable