🦔

AWS CLI 入門

2 min read

はじめに

なんか仕事で AWS を触ることになってしまったので、AWS CLI を触ってみるぞ!

本家の情報

要約

  1. AWS CLI を利用する IAM ユーザを作成する
  2. AWS 接続情報の編集
  3. 利用するプロファイルの設定
  4. AWS CLI 接続テスト

やったこと

1. AWS CLI を利用する IAM ユーザを作成する

IAM で AWS CLI を利用するユーザーを作成します。
アクセスの種類は、プログラムによるアクセスのみをチェックボックスONにします。
アクセスキーの認証情報を使って、AWS にアクセスするため、認証情報のファイルをダウンロードしておきます。

2. AWS 接続情報の編集

IAM ユーザー作成時に作った認証情報を AWS CLI を使う端末に設定します。
複数の環境で AWS CLI を使う想定で、名前付きのプロファイルにしています。

% aws configure --profile develop
AWS Access Key ID [None]:(秘密)
AWS Secret Access Key [None]: (秘密) 
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: json

3. 利用するプロファイルの設定

AWS CLI のコマンドを利用するプロファイルを環境変数で指定します。

% export AWS_PROFILE=develop

4. AWS CLI 接続テスト

AWS CLI で、インスタンス一覧を確認します。
ジョンマクレーンという EC2 のインスタンスが見えたので接続成功です。

%  aws ec2 describe-instances
{
    "Reservations": [
        {
            "Groups": [],
            "Instances": [
                {
                    "AmiLaunchIndex": 0,
                    "ImageId": "ami-01748a72bed07727c",
                    "InstanceId": "i-049b87af5a5873da4",
                    "InstanceType": "t2.micro",
                    "KeyName": "JohnMcClane",
                    "LaunchTime": "2020-12-26T10:29:03+00:00",
                    "Monitoring": {
                        "State": "disabled"
                    },
                    "Placement": {
                        "AvailabilityZone": "ap-northeast-1a",
                        "GroupName": "",
                        "Tenancy": "default"
                    },
                    "PrivateDnsName": "ip-172-31-34-175.ap-northeast-1.compute.internal",
                    "PrivateIpAddress": "172.31.34.175",
:

おわりに

AWS CLI が利用できると、設定の自動化や設定情報を取得が楽にできるようなので、チャレンジしようと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます