💻

windows10Homeへのdockerインストール

2021/08/17に公開約2,100字

windows10 Home にDocker for windowsをインストールする手順

この記事は作業備忘録です。
基本的には下記の記事通りで問題なくインストールできました。
dockerとは何かやメリットについては下記の記事を参考にしてください。

https://iteng-pom.com/archives/1017

Windows10でWSL2を使えるように設定する

Dockerをインストールする前に、Windows上でLinuxを動かすことができるサブシステムであるWSL2(Windows Subsystem For Linux2)を有効にします。

管理者権限でWindows Powershellを起動し、下記のコマンドを入力します。

# Linux 用 Windows サブシステムを有効にする
$ dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
# 仮想マシンの機能を有効にする
$ dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

コマンド入力後、変更を適用するため、再起動を行います。

Linux カーネル更新プログラム パッケージをダウンロードする

再起動後、下記のURLにアクセスし、x64 マシン用 WSL2 Linux カーネル更新プログラム パッケージをクリックし、wsl_update_x64.msiをダウンロードし、実行します。

https://wslstorestorage.blob.core.windows.net/wslblob/wsl_update_x64.msi

WSL 2 を既定のバージョンとして設定する

次に通常権限でWindows Powershellを起動し、下記のコマンドを入力します。

$ wsl --set-default-version 2

WSL2が有効になっているか確認する

WSL2が有効になっているか確認するため、好きなLinux ディストリビューションをインストールして確かめます。
ここでは、例としてUbuntu20.04をインストールしてみます。
Microsoft storeで「Ubunutu」と検索し、Ubuntu20.04をインストールします。
インストール後、「Ubuntu 20.04 LTS」を起動します。
起動後、通常権限でWindows Powershellを起動し、WSL2が有効になっているか下記のコマンドで確認します。

$ wsl --list --verbose
# 以下出力
  NAME      STATE           VERSION
* Ubuntu    Running         2

VERSIONが2となっていますのでWSL2が有効になっていることが確認できました。

Docker for Windowsのインストール

Docker Desktop Installer.exeをDocker公式ページからダウンロードします。

https://hub.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-windows/

ダウンロード後、実行し、特に変更する必要なくそのままインストールできるかと思います。
注意点としては、Configurationの項で「Install required Windows components for WSL2」のチェックを付けたままOKをクリックします。

インストール完了後、再起動します。

再起動後、Docker for Windowsが自動起動し、チュートリアルが立ち上がります。
チュートリアルはやってもやらなくても構いません。

Docker for Windowsの動作確認

Docker for Windowsが正常にインストールされているか動作確認を行います。
通常権限でWindows Powershellを起動し、下記のコマンドを実行します。

$ docker run -d -p 80:80 docker/getting-started

dockerイメージがダウンロードされ、コンテナが起動します。

ブラウザを開き、http://localhost/にアクセスし、下記のように表示されていれば、Dockerが正常に動作しています。

Windows10 Homeにdockerをインストールできました。

以上です。

Discussion

ログインするとコメントできます