Closed5

monorepo.tools を読む

Polyrepo (multi repo)

採用される最も大きな理由としては、Team Autonomy である。影響範囲が明確に閉じているので、チームで意思決定しやすいなどのメリットがある。しかし、独立であることによるメリットもあるけど、チーム間のコラボレーションでいくつかの弊害をもたらす。

  • コードの共有
    • Publishしないと使えないとか
  • コードの重複
    • 各チームで同じようなコードメンテナンスする羽目になる
    • 共通コンポーネントの切り出し方が重要だが、一般的に難しい
  • 共通ライブラリの変更のしづらさ
    • 共通コンポーネントを切り出しても、今度は影響範囲が複雑になる
    • コードの変更がしにくくなり、負債に繋がりやすい
  • 一貫していないツール
    • ツールが異なることへの精神的な障壁や学習コスト

Monorepo のメリット

  • バージョニングがない
  • 1つのコミットですべての依存をチェックできる
  • 開発者の流動性
    • 同じツールを使っているので、他のチームにcontributeしやすい

Monorepoのデメリットにも触れてほしいな

Monorepo の機能の紹介

  • Local computation caching
    • ビルド結果とかをローカルにキャッシュするやつ
  • Local task orchestration
    • taskの依存関係に従って、タスクの実行順などを最適化してくれるやつ
  • Distributed computation caching
    • ビルド結果とかをリモートにキャッシュするやつ
  • Distributed task execution
    • taskを複数の環境で分散実行できるやつ
  • Transparent remote execution
    • ローカルから複数の環境 (リモート環境) のコマンドを実行できる
    • Bazelの大きな特徴らしい
  • Detecting affected projects/packages
    • 差分ビルド、差分が見つかったら差分に関する依存を見つけて、自動で再ビルドがかかるやつ
  • Workspace analysis
    • workspace間の依存関係を分析するやつ
  • Dependency graph visualization
    • 依存グラフの可視化するやつ (↑とほぼ同じでは...?)
  • Source code sharing
    • コードの共有方法
    • Nxはフォルダー単位で共有できるらしい
      • 普通はnpm packageだが... そもそもあんまりフォルダ単位したくない間ある
  • Consistent tooling
    • 説明を見ると、異なる言語のビルドツールを使えるやつっぽい
    • あんまりよくわからん...
  • Code generation
    • ビルドの設定など、Templateコードを生成するやつ
  • Project constraints and visibility
    • プロジェクトの依存関係のルールの追加とかをするやつ

Nx はできることが多いみたいな表になっているけど、プラグインベースなのでできることが多いのはそのとおりだよねという感想

このスクラップは2022/01/26にクローズされました
ログインするとコメントできます