Closed2

Reactのrefについて理解を深める

まとめ

  • ref は render() で作成された DOM ノードもしくは React の要素にアクセスするために利用する
    • 基本的にはなるべく使わないようにすべき
  • ref がよく使われるケース
    • フォーカス、テキストの選択およびメディアの再生の管理
    • アニメーションの発火
  • ref の利用方法
    • createRef or useRefを利用して ref を作成する
      • createRef はクラスコンポーネントのときに利用する
    • ref 属性を用いて、React の DOM 要素に紐付ける
      • DOM 要素 or クラスコンポーネントにのみ紐付け可能
      • 関数コンポーネントでrefを使用することはできるが、紐付けは不可能
    • current プロパティから紐付けた DOM 要素にアクセスする
  • ref の挙動
    • コンポーネントがマウントされる -> DOM 要素が割り当てられる
    • マウントが解除される -> null が割り当てられる
  • ref はインスタンス変数としても利用可能
    • 副作用内でだけ書き換える = レンダー内で置き換えるのは非推奨
      • refObject.current = someValue のように代入で直接書き換える事ができる
    • ref の変更は通知されない = 再レンダリングが発生しない
      • useState との異なる点はここ
  • ref のフォワーディング
    • DOM の ref を親コンポーネントに公開すること
    • 子コンポーネント内の DOM に直接アクセスしたいときに使う
このスクラップは2021/11/09にクローズされました
ログインするとコメントできます