🔎

標準化に向けて進んでいる Web Neural Network API について調べてみた

2021/12/22に公開約7,900字

今月、W3C に提出されていた Web Neural Network API (WebNN) が、Chromium で Intent to Prototype[1]になりました。この記事では、WebNN が標準化されている目的、追加される API の詳細や今後の動向について調査してみました。

この記事の3行まとめ

  • Neural Network の数値計算の最適化は、ハードウェア単位で盛んに行われており、API も提供されている
  • WebNN は、各ハードウェア (OS) で提供されている Neural Network の API をブラウザからも利用できるようにし、推論のさらなる最適化を実現する
  • Web 開発者は、WebNN より高レベルな API として提案されている Model loader API の動向を追うと良さそう

WebNN が提案された目的

Neural Network モデルの推論は、豊富な計算資源にアクセスできる Web サーバーで行うのが現状では一般的です。一方で、Web サーバーで行う推論については、ユーザーの個人データがサーバーに送られることによるプライバシーの問題や、ビデオ会議のノイズ除去などリアルタイム性の必要な場面ではネットワーク遅延の問題が生じたりと、いくつかの課題も存在していました。このような課題を解決する手段として、ブラウザでの推論の需要が高まっています。

ここでは、WebNN が提案された目的や背景について、説明していきます。

ブラウザでの推論の現状

ブラウザで Neural Network モデルの推論を行うためのライブラリとしては、TensorFlow.jsONNX Runtime Web (ONNX.js) が有名です。どちらについても、推論を行う際のバックエンド (数値計算を行うレイヤー) については、ブラウザが API として提供している WASM or WebGL / WebGPU が指定できます

WASM は CPU での実行になるので、GPU を利用する WebGL / WebGPU の推論のほうが高速になることが多いです[2]バックエンドの最適化は、デバイスごとに行う必要があり、実際に最適化を行っている例は今年の JS Conf でも紹介されていました。

https://jsconf.jp/2021/talk/case-study-of-production-development-of-a-client-side-ml-application-in-a-mobile-browser

ハードウェア単位での最適化

このように、ブラウザでの Neural Network モデルの推論は、ブラウザが API を提供する数値計算のレイヤーでしか最適化が行えないのが現状です。一方で、Neural Network モデルの推論については、ハードウェア単位での最適化が盛んに行われています[3]。WebNN の設計デザインのドキュメントには、以下のような固有のハードウェア (OS) に対して設計された Neural Network の API が紹介されています。

現在のブラウザでは上記のような API にアクセスできないので、ハードウェア単位での最適化の恩恵を受けられません。この課題に対して、WebNN はこれらの API をブラウザから呼び出せるようにして、ブラウザでも数値計算の適切な最適化を行うことが目標です。

従来は、以下のように各ライブラリが、WASMWebGL / WebGPU を使って数値計算を最適化していました。


従来の WASM を使った推論、https://webmachinelearning.github.io/webnn-intro/ からの引用

従来の WebGL を使った推論、https://webmachinelearning.github.io/webnn-intro/ からの引用

一方で、WebNN は各ハードウェアでの最適化を抽象化するレイヤーとなります。ライブラリは、WebNN が提供する API で Neural Network モデルを構築することで、各ハードウェアでの最適化に注力する必要性が少なくなります。これによって、不要な再実装による非効率化や不具合を減らすことができ、ライブラリの品質向上につながります。


WebNN を使った推論、https://webmachinelearning.github.io/webnn-intro/ からの引用

このように、近年のハードウェア単位での Neural Network の数値計算の最適化に伴って、WebNN はソフトウェア開発とハードウェア開発の橋渡しとなるような API としてデザインされています。

実装の詳細について

WebNN は、最終的にはハードウェア固有の API を実行することになりますが、セキュリティの問題からレンダラープロセスから直接実行することはできません。このため、IPC を利用して、GPU プロセスに対象の API を実行させるようになっています。以下の図がイメージしやすいと思います。


WebNN implementation in Chromium (Design Doc) からの引用

WebNN の詳細

ここでは、WebNN の詳細や今後の動向について説明します。

ちなみに、以下の Playground 環境やWebNN のユースケースも Web 上に公開されているので、興味のある人は触ってみると良いと思います。

https://webmachinelearning.github.io/webnn-samples/code/

API の紹介

WebNN は、Neural Network モデルの演算処理の記述、演算処理をもとにした計算グラフ[4]の構築、計算グラフをもとにした計算の実行などの API を提供します。以下がサンプルコードになります。

// 0. 初期化処理
const context = navigator.ml.createContext();
const builder = new MLGraphBuilder(context);
// 1. Neural Network モデルの演算処理の記述
// 以下の例だと、'C = 0.2 * A + B' という処理を記述している
const operandType = { type: "float32", dimensions: [2, 2] };
const constant = builder.constant(0.2);
const A = builder.input("A", operandType);
const B = builder.input("B", operandType);
const C = builder.add(builder.mul(A, constant), B);
// 2. 定義した演算処理に対する計算グラフの構築
const graph = builder.build({ C: C });
// 3. 入力と出力を定義して計算の実行
const bufferA = new Float32Array(4).fill(1.0);
const bufferB = new Float32Array(4).fill(0.8);
const bufferC = new Float32Array(4);
const inputs = { A: bufferA, B: bufferB };
const outputs = { C: bufferC };
graph.compute(inputs, outputs);
// 4. 計算結果の確認
console.log("Output value: " + bufferC);

ユーザーは、Neural Network モデルの演算処理を API を使って記述し、その記述をもとに計算グラフが構築され、計算が実行されます。

上記のコードは、Neural Network モデルを構築した人ならなんとなく見覚えがあるのではないでしょうか。提供している API には、Relu、Sigmoid、Conv2D などがあり[5]、機械学習ライブラリ用の低レベルの API を提供することにフォーカスしています。よって、以下については標準化の対象となっていません。

  • モデルのシリアライズ形式の定義
  • 暗号化やコンテンツ保護などのモデルの配信方法の詳細
  • モデルの入力形式の定義

モデルのシリアライズ形式などは、WebNN とセットで提案されている Model loader API[6] で議論されることになりそうです。

今後の動向

WebNN は、Web machine learning という Working グループが 2 年前に発足し、Google、Intel、Microsoft、Salesforce などからメンバーが集まって標準化を進めているようです。今後の WebNN の方針としては、以下のようなことが挙げられています。

  • Origin Trial[7] は Chrome OS で行う
  • Candidate Recommendation[8] は 2022 年 Q2 を予定
  • 将来的にはブラウザでもモデルの学習を行えるように考えている

まとめ

この記事では、WebNN が標準化されている目的、追加される API の詳細や今後の動向について紹介しました。現在、ブラウザで Neural Network モデルの推論を行うためのライブラリの選択肢は TensorFlow.js の 1 強という感じ[9]ですが、WebNN が標準化されると多様なライブラリの開発が進み、ライブラリのエコシステムも活性化していくかもしれません。

個人的には、PyTorch の動向も気になります。ブラウザやモバイルでのサポートについては、TensorFlow に比べだいぶ遅れをとっている印象でした。ところが、モバイルで簡単に機械学習を利用したデモアプリを作成できることができる PyTorch Live というツールを今月発表し、ブラウザやモバイルでのサポートにも注力していくつもりなのかもしれません。特に、研究開発の分野では PyTorch のシェアは TensorFlow を大きく引き離しており[10]、PyTorch と親和性の高いクライアントでの推論ツールの需要も高いと予想できます。PyTorch は、現状 Model Loader API の標準化には何もアクションを示していないように見えますが、今後の動向に注目したいと思います。

参考にしたリンク

脚注
  1. こちらのブログによると、仕様、設計が書かれている状態 (desing phase) を指すみたいです。 ↩︎

  2. 小さなモデルでは、WebGL を実行するオーバーヘッドコストが無視できず、 WASM のほうがフォーマンスが優れるケースがあります。 ↩︎

  3. 自分の馴染みのあるところだと、GPU ではなく TPU を利用した数値計算も主流になりつつあったり、Preferred Networks さんが深層学習に特化したチップを作成したりしていることが思い浮かびます。 ↩︎

  4. ノードが各演算や入力変数に対応する有向グラフのこと。Neural Network モデルの数値計算を効率化するために必要なデータ構造であり、詳しくはこちらのブログなどを参考にしてもらえると助かります。 ↩︎

  5. サポートしている API については、MLGraphBuilder のセクションを見てみるとよさそうです。 ↩︎

  6. Web 開発者向けの高レベルな API が設計されており、多くのユーザーが実際に使うことになるのはこちらの API だと思います。 ↩︎

  7. こちらのブログによると、特定のオリジンにだけ、実験中の機能を、期限付きで提供することのようです。 ↩︎

  8. こちらの記事によると、より広いコミュニティに対してシグナルを送って、実装も含めたレビューを実施してもらい、その情報を収集する段階のようです。 ↩︎

  9. npm trendsも見てみましたが、想像以上に TensorFlow.js のシェアが高いです。 ↩︎

  10. 深層学習に関する各学会でのフレームワークのシェア ↩︎

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます