Amazonの段ボールで猫用のシアターを作ってみる

1 min read読了の目安(約1000字

概要

先日、家庭用のプロジェクターを買ったのですが、猫が投影される映像にとても興味を示していたので、以下のような猫用のシアターを作ってみることにしました。

猫用シアター

構成

ちょうどAmazonさんから届いた大きな段ボールがあったので、それを使うことにしました。
猫が映り込まないように、リアプロジェクションしています。

簡単な構成図

写真でみるとこんな感じです。

材料

映像を映してみる

zennに動画はupできなそうだったので、Youtubeに映像を映した時の猫の様子をupしました。
投影している映像はUnityで作成したもので、マウスは自分で操作しています。

https://youtu.be/1Hkcf1Qo0R8

感想

割と興味を示してくれていたので、作ってみてよかったかなと思います。

映像のネズミを叩いたりもしてくれてたのですが、しばらく見て特に反応がないのがわかると離れていってしまったので、もう少し猫とのインタラクション要素があると良かったかもしれません。

センサー等で「猫が近づいた」とか「猫が叩いた」ことを検知し、猫の行動に応じて映像を変化させることができたらもっと反応が良くなる気がするので、センサーとUnityの連携方法を勉強して試してみたいと思います。