GitHub 接続時の ~/.ssh/config の書き方

6 min読了の目安(約5800字TECH技術記事

はじめに

本記事ではタイトルの内容に加えて ~/.ssh/config に対する基本的な理解を深めるため、各種設定項目に関する説明も付随して行います。GitHub を例に挙げてはいるものの、Bitbucket や GitLab、Git サーバへ接続する際にも利用可能な ~/.ssh/config の設定について記載しております。

~/.ssh/config の書き方

まず GitHub へ接続する ~/.ssh/config の設定を見ていきます。GitHub で認証に使用する SSH キーは登録済みで秘密鍵は ~/.ssh/github へ配置している想定です。

SSH キーが未登録の場合は 公式サイトの手順 に従って鍵の生成・登録までを行っておきます。

~/.ssh/config
Host github.com
    IdentityFile ~/.ssh/github
    User git

~/.ssh/config の各種設定項目は下記になります。

項目 説明
Host ホスト名を指定する
IdentityFile 接続時に使用する秘密鍵を指定する
User 接続時のユーザ名を指定する

設定を行うことで github.com に SSH 接続する際、ユーザ名に git が指定され、~/.ssh/github に存在する秘密鍵を用いて SSH 接続を試みるようになります。

早速 github.com 接続時に正しく認証が通っているか確認するため、適当なプライベートリポジトリを git clone してみます。

git clone の実行結果 (成功)
プライベートリポジトリを git clone した実行結果 (成功)

無事に git clone できることが確認できたら成功です。

接続先に応じて秘密鍵を使い分けたい

GitHub で常に同一の秘密鍵を用いて認証を行う際は問題ないのですが、例えば GitHub アカウントをプライベート用と仕事用で使い分けていて、リポジトリ先に応じて秘密鍵を使い分けたいというケースはあると思います。

その場合は ~/.ssh/config の設定と git のリモートリポジトリへの接続情報を変更することで対応可能です。

例えばプライベート用の GitHub アカウント A と仕事用の GitHub アカウント B が存在するとします。その際 github-A がホストの時は A の秘密鍵を、github-B がホストの時は B の秘密鍵を利用するための設定は下記になります。

~/.ssh/config
# プライベート用の GitHub アカウントで利用する接続設定
Host github-A
    HostName github.com
    IdentityFile ~/.ssh/github-A
    User git

# 仕事用の GitHub アカウントで利用する接続設定
Host github-B
    HostName github.com
    IdentityFile ~/.ssh/github-B
    User git

新たに HostName という項目を設定しました。HostName には接続先を指定します。HostName は何も指定しない場合 Host と同じ値が設定されます。

今回は同一接続先に対してアカウントを切り替えたいので、Host にはアカウント識別可能な値 (ex: github-A, github-B, etc.) を、HostName に接続先である github.com を明示的に指定してアカウント毎に設定をわけました。

次に git のリモートリポジトリへの接続情報を変更します。


~/.ssh/configUser を指定している場合は該当 Host へ接続時に自動的にユーザが設定されるため、接続 URL からユーザ名である git は取り除いても問題ありません。

# 現在のリモートリポジトリ URL
git remote -v

origin  git@github.com:nikaera/private-repository.git (fetch)
origin  git@github.com:nikaera/private-repository.git (push)

# リモートリポジトリ URL を
# git@github.com:nikaera/private-repository.git から
# github-A:nikaera/private-repository.git に変更する
# (ユーザ名の git は変更先から取り除いている)
git remote set-url origin github-A:nikaera/private-repository.git

# 新たに設定したリモートリポジトリ URL
git remote -v

origin  github-A:nikaera/private-repository.git (fetch)
origin  github-A:nikaera/private-repository.git (push)

この状態で先ほど git clone してきたプライベートリポジトリ内で git ls-remote origin コマンドを実行してみて正常に結果が取得できれば正しく設定できています。

 の接続設定で  の実行に成功する
A の接続設定で git ls-remote origin の実行に成功する

次に B のアカウント情報で接続を試みます。

# 現在のリモートリポジトリ URL
git remote -v

origin  github-A:nikaera/private-repository.git (fetch)
origin  github-A:nikaera/private-repository.git (push)

# リモートリポジトリ URL を github-A:nikaera/private-repository.git から
# github-B:nikaera/private-repository.git に変更する
git remote set-url origin github-B:nikaera/private-repository.git

# 新たに設定したリモートリポジトリ URL
git remote -v

origin  github-B:nikaera/private-repository.git (fetch)
origin  github-B:nikaera/private-repository.git (push)

B には先ほどのプライベートリポジトリの読み取り権限が無い状態で、git ls-remote origin コマンドを実行してみると失敗するはずです。

 の接続設定で  の実行に失敗する
B の接続設定で git ls-remote origin の実行に失敗する

これで今後は git のリモートリポジトリ URL を一度書き換えておくだけで、それぞれ適切な秘密鍵で GitHub 認証する設定ができました。

単に Git サーバに SSH 接続する際の設定情報としては、上記項目を抑えておけば問題無いです。しかし、他にも設定したほうが良い項目や、場合によっては設定が必要な項目も存在します。

基本的に設定しておいた方が良い項目

他に設定しておいたほうが良い項目には下記があります。

~/.ssh/config
Host github.com
    IdentityFile ~/.ssh/github
    User git
    IdentitiesOnly yes # IdentityFile で指定した秘密鍵でのみ認証を試みる
    Compression yes # Git でのファイル転送時に圧縮する
項目 説明
IdentitiesOnly IdentityFile で指定した鍵ファイルでのみ認証を行うかどうか指定する boolean (yes or no)
Compression 圧縮転送を行うかどうか指定する boolean (yes or no)

IdentityFile で指定したファイル以外で認証が通ってしまう状況だと、意図したアカウントで適切に認証が通せていない可能性が出てきてしまいます。

そのため、特別な理由がなければ IdentitiesOnly には yes を設定しておいたほうが良いです。

IdentitiesOnlyno に設定しておくと ssh-add で登録したキーの中からも認証を試みるようになります。

また、Compression についても yes に設定しておくことをオススメします。プログラミングを行っているプロジェクトでは、テキストファイルの数が大半を占めるはずなので、圧縮転送を有効にしておいたほうがファイル転送の速度向上を見込めるからです。

ただし Compression は大容量の単一のファイルがアップされているなどして、圧縮効率の悪いファイルを含んでいるプロジェクトの場合は逆に転送速度が低下する恐れもあるので要注意です。

接続先によっては設定が必要な項目

接続先に応じて設定する必要がありそうな項目には下記があります。

~/.ssh/config
Host github.com
    IdentityFile ~/.ssh/github
    User git
    Port 12345 # 接続先のポートが 22 以外の場合指定する
項目 説明
Port SSH 接続時のポート番号を設定する number (ex: 22, 22222, etc.)

例えば自前で用意した Git リポジトリに対して接続する場合、SSH のポートがセキュリティ上の理由等でウェルノウンポートの 22 ではない場合がありえます。その場合は Port を明示的に指定することで接続時のポート番号を適切な値に設定しておく必要が出てくるでしょう。

おわりに

今回は GitHub へ SSH 接続する際の例を元に ~/.ssh/config の設定方法について書きました。~/.ssh/configHost の設定は行っているものの、それに応じて git のリモートリポジトリ URL を変更すべき場合もあることを明示している記事が少なかったので書きました。

また、本記事では Git 接続時の ~/.ssh/config の設定にフォーカスを当てましたが、~/.ssh/config についてはサーバに SSH 接続して作業する際に設定しておくと良い項目等もあります。

~/.ssh/config の各種設定項目について理解していると頻繁に実行するコマンドのコスト削減ができて便利です。特にこちらの記事はとても参考になりました。

参考リンク