🌍

アカウント作成から始めるAWS EC2のインスタンス起動

3 min read

こんにちは、にーきこうです。
今回はタイトルの通り、AWSアカウントを作成し、iTerm2からEC2へSSHで接続する手順をまとめます。

Amazon EC2とは

ざっくり言うと「必要に応じて必要な量のデータをやり取りできる箱」です。
EC2は、ネットの設定もセキュリティも容量の管理も全部5分で出来ちゃう!便利!!っていうサービスです。
詳しくは下記のユーザーガイドを参照してください。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/concepts.html#access-ec2

AWSのアカウントを作成する

下記のリンクからAWSを始めることができます。

https://aws.amazon.com/jp/s/dm/landing-page/create-free-account/?all-free-tier.sort-by=item.additionalFields.SortRank&all-free-tier.sort-order=asc%3FtrkCampaign&trk=ps_a134p000003yhoPAAQ&sc_campaign=acquisition_JP&sc_channel=ps&sc_publisher=google&sc_category=core-main&sc_country=JP&sc_geo=JP&sc_outcome=devadopt&sc_detail=aws&sc_content=Brand_Core_aws_e&sc_segment=498599282606&sc_medium=ACQ-P|PS-GO|Brand|Desktop|SU|Core-Main|Core|JP|EN|Text|dx&ef_id=Cj0KCQjw2tCGBhCLARIsABJGmZ6NZw4VON95VOaIypg8jvinOyPa_l4BLugD_7P7ZPM3HE0tQXw0Sc8aAo0-EALw_wcB:G:s&s_kwcid=AL!4422!3!498599282606!e!!g!!aws&gclid=Cj0KCQjw2tCGBhCLARIsABJGmZ6NZw4VON95VOaIypg8jvinOyPa_l4BLugD_7P7ZPM3HE0tQXw0Sc8aAo0-EALw_wcB&awsf.Free Tier Types=*all&awsf.Free Tier Categories=*all

あとは表示される指示に従って作成してください。
途中でクレジットカードの番号を要求されますが、基本は無料でサーバー稼働時間が720時間を超えると有料になります。
クレジットカードを入力しないとAWSは使えないので、入れるようにしてください。

AWSでサーバーを構築する

「AWSマネジメントコンソール」という画面が出たでしょうか?
左上にサーバーの設置地域を変更できるタブがあるので、バージニア州から東京へ変更してください。

インスタンスを起動する

検索窓から「EC2」を探せば、トップに出てきますので、クリックしてください。

すると、画面に「インスタンスを起動」と書かれたオレンジ色のボタンがあるので、そちらを押して、インスタンスの起動画面へ移ります。

STEP1 AMIの選択

ここは、AMI[1]の選択画面になります。
ここでは、1番上にある「Amazon Linuxサーバー」を使用します。
青い「選択」のボタンを押してください。

STEP2 インスタンスタイプの選択

ここでは、ネットワークの性能を選ぶことができます。
今回は無料枠を使いたいので「無料枠の対象」と緑色で書かれているものを選択し、作成します。

STEP3 インスタンスの詳細の設定

ここでは、インスタンスの数であったり、ネットワークの性能を細かく指定できます。
細かい指定がなくてもデフォルトのままで大丈夫なので、このまま作成してください。

STEP4 ストレージの追加

ここでは、容量のタイプを選択できます。
何もなければデフォルトの「汎用SSD」で充分なので、そのまま進んでください。

STEP5 タグの追加

ここは、主にサーバーが一体何の役割を担っているのか、という点を明記するためのものです。
組織単位で確認するときに助かります。
私はサンプルサーバーなので、キーは「Name」で、バリューは「sample-server」とタグ付けします。

STEP6 セキュリティグループの設定

ここは、誰が使ってどのように管理するのかを決める所です。
セキュリティグループ名は変えてもいいです。私はこのままで行きます。

STEP7 インスタンス作成の確認

ここは、今まで設定した部分を一括で閲覧できます。
セキュリティについて怒られてますが、誰でもアクセスできる状態にしたいので、ここは無視して起動します。
すると、キーペアの選択画面がモーダルとして出現します。
これは、インスタンスへアクセスするためにキーペアを作る画面になります。
キーペア名にサーバーのバリュー、今回で言う「sample-server」を入力し、キーペアのダウンロードをしてください。
今後はこのサーバーにアクセスするためにはこのキーペアがなければ不可能なので、誤って削除しないように気をつけましょう。
ダウンロードできたら、インスタンスを作成してください。

インスタンスの状態が実行中になれば成功です。

あとがき

あなたはAWSエンジニアになるための偉大な一歩を踏み出しました!
説明不足の点があれば、コメントを頂ければ修正します。

脚注
  1. Amazon Machine Image インスタンスを起動するために必要なOSやボリュームの情報のテンプレート ↩︎