📔

JupyterLabを動かすだけのDocker環境の構築例

2022/11/23に公開約800字

データ分析環境をコンテナで管理したい事が多いのでメモ

ファイル構成

入れたいライブラリはrequirements.txtに記入済みという想定

.
├── Dockerfile
├── docker-compose.yml
└── requirements.txt

ファイルの中身

Dockerfile

Dockerfile
FROM python:3
WORKDIR /workdir

# cmakeが必要なライブラリを入れる場合
# RUN apt update && apt install cmake -y

# ライブラリのインストール
RUN /usr/local/bin/python -m pip install --upgrade pip
RUN pip install jupyterlab
COPY requirements.txt .
RUN pip install -r requirements.txt

docker-compose.yml

コンテナとホストPCでストレージを共有したい状況を想定しており、volumesでbindを設定している

docker-compose.yml
version: '3'
services:
  python:
    build: .
    ports:
    - "8888:8888"
    volumes:
    - .:/workdir
    command: jupyter-lab --ip=0.0.0.0 --port=8888 --allow-root --no-browser

起動

sudo docker compose build
sudo docker compose up
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます