💭

MDXのコードハイライト補助関数を提供するパッケージ作ってみた

2021/07/23に公開約5,400字

react-mdx-prism-lighter とは

GatsbyJS の mdx 用コードハイライト補助関数を提供するパッケージです。

以下の画像はMDXファイルで、コードブロックを使用した例です。

画像1の1行目の highlight={1-3,12}では、ハイライトしたい行を数字で選択しています。 複数行の場合は1-3のように書くことで1行目、2行目、3行目をハイライトすることが可能です。

また、コードブロックの中でも、一行をハイライトする//highlight、複数行ハイライトの//highlight-start、//highlight-endを使用することで簡単にハイライトを導入できます。

以下のコードブロックは画像1のプレビュー画面となります。

使い方

MDXでカスタムコンポーネントを使用するには、MDXProviderを用いてコンポーネントを定義します。 GatsbyJSではwrapRootElementを用いて、ルートエレメントをプロバイダーで囲むことができます。

カスタムなコードブロックを作成し、そこでこのパッケージの関数を使うには以下の手順が必要です。

  1. MDXProviderを用いたコンポーネントを作成
  2. そのコンポーネントの中で、カスタムコードブロックを定義
  3. そのコンポーネントをgatsby-ssr.js、gatsby-browser.jsの両方でインポートし、wrapRootElementでエクスポート
    プロジェクトのルートにGatsby-Root.jsを作成する。
import React from "react"
import { MDXProvider } from "@mdx-js/react"

import CodeBlock from "./src/components/Code" //カスタムコンポーネント

const BasicComponents = {
  pre: ({ children }) => {
    const child = children.props
    if (child.mdxType === "code") {
      return (
        <CodeBlock
          codeString={child.children.trim()}
          language={child.className.replace("language-", "")}
          title={child.title}
          highlight={child.highlight}
        />
      )
    } else return null
  },
}

const Root = ({ element }) => {
  return (
    <MDXProvider components={{ ...BasicComponents }}>
      {element}
    </MDXProvider>
  )
}

export default Root

カスタムコンポーネントを作成します。 例えば以下のような実装です。(tailwindcssを使用しています。)

import React, { useState } from "react"
import Highlight, { Prism } from "prism-react-renderer"
import nightOwl from "prism-react-renderer/themes/nightOwl"
import { CopyToClipboard } from "react-copy-to-clipboard"
import {
  LinesToHighlight,
  LinesNumberToHighlight,
} from "react-mdx-prism-lighter"

const HighlightClassName = " highlight-line"  //ハイライトの行に適用されるクラス名

const CodeBlock = ({ codeString, language, title, highlight }) => {
  const [value, setValues] = useState(["Copy", false])

  const CopyText = () => {  //コピー機能
    setValues(["Copied", true])
    setTimeout(() => {
      setValues(["Copy", false])
    }, 5000)
  }

  return (
    <Highlight
      theme={nightOwl}
      Prism={Prism}
      code={codeString}
      language={language}>
      {({ style, tokens, getLineProps, getTokenProps }) => {
        return (
          <div className="mb-8">
            <div className="gatsby-title">
              {title && (
                <div className="py-3">
                  <p className="text-gray-900 text-sm px-3 select-none">
                    {title}
                  </p>
                </div>
              )}
            </div>

            <div className="relative" data-language={language}>
              <pre className="group  rounded-md" style={style}>
                <div className="px-0 pt-4 pb-4 overflow-auto">
                  <CopyToClipboard
                    text={codeString.replace(
                      /\/\/(highlight\s|(highlight-start)|(highlight-end))/g,
                      ""
                    )}
                    onCopy={CopyText}>
                    <button
                      className={`mx-4 focus:outline-none focus absolute top-2.5 right-0`}
                      disabled={value[1]}>
                      <p className="rounded-lg text-xs text-white text-opacity-60 bg-coolgray-700 bg-opacity-70 py-1 px-2.5 transition-all group-hover:opacity-100 opacity-0">
                        {value[0]}
                      </p>
                    </button>
                  </CopyToClipboard>
                  <div className="code_font text-sm sm:text-sm text-blue-900 tracking-normal px-6 float-left block min-w-full ">
                    {tokens.map((line, index) => {
                      const lineProps = getLineProps({ line, key: index })

                      if (LinesToHighlight(line)) {          
                        lineProps.className += HighlightClassName
                      }
                      if (LinesNumberToHighlight(highlight, index)) {
                        lineProps.className += HighlightClassName
                      }    

                      return (
                        <div {...lineProps}>
                          {line.map((token, key) => {
                            const tokenProps = getTokenProps({
                              token,
                              key: key,
                            })
                            return <span {...tokenProps} />
                          })}
                        </div>
                      )
                    })}
                  </div>
                </div>
              </pre>
            </div>
          </div>
        )
      }}
    </Highlight>
  )
}

export default CodeBlock

上の実装ではreact-copy-to-clipboardでコピー機能を、ハイライトそのものはprism-react-rendererを使用しています。 ハイライトしている箇所で,react-mdx-prism-lighterが提供する関数を使用しています。

最後にgatsby-ssr.jsとgatsby-browser.jsで./Gatsby-Rootをインポートし、wrapRootElementとしてエクスポートします。

import Root from "./Gatsby-Root"

export const wrapRootElement = Root

react-mdx-prism-lighterの関数

提供される関数は2つです。

LinesNumberToHighlight
指定した行番号をハイライトしてくれます。1行から複数行対応しています。

LinesToHighlight
コード上で簡単にハイライトしたい行を指定できるものです。これも1行から複数行対応しています

元々自分が使うようとして作ったのですが、もしよかったら皆さんも使ってみてくださいね〜
↓ npm

https://github.com/NearCloser/react-mdx-prism-lighter

Discussion

ログインするとコメントできます