✉️

【AWS】Route53でドメインを取得して、SESを使ってメールを送る

11 min read

概要

今回はAWSRoute53で取得したドメインを使ってSESからメールを配信できるようになるまでの手順を紹介したいと思います。

既にわかりやすく解説してくれている記事がいくつかありましたが(記事末尾の参考に載せてあります)、一部処理が端折られていたりしたので、それらを自分が噛み砕いてまとめた内容になります。
また、コンソールからではなく、AWS CLIからの操作をメインとしていきます。

注意ですが、ドメインを実際に取得するのでお金がかかります。
検証の場合は安いTLDを選択しましょう。
料金は下記の公式から参照できます。

https://aws.amazon.com/jp/route53/pricing/

①ドメインの取得

まずはRoute53で任意のドメインを取得します。
ドメインは以降のコマンド中でも頻繁に登場するので$domainとしておきます。

export domain=<取得したいドメイン>

ドメインが取得できるか確認

まずはドメインが取得できるかを確認します。
一点注意なのですが、下記コマンドではリージョンをus-east-1としています。
これは、ドメインの取得がこのリージョンでしか行えないためです(以下リンク参照)。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/general/latest/gr/r53.html
aws route53domains check-domain-availability \
  --region us-east-1 \
  --domain-name $domain

以下のレスポンスとなれば取得可能です。

{
    "Availability": "AVAILABLE"
}

ドメインの取得

連絡先のJSONファイル作成

ドメインを取得するにあたり「管理者」と「登録者」と「テクニカル担当」の3者の連絡先が必要になります。
これらは同一の連絡先でも問題ありませんので実際の運用に合わせてください。
以下のフォーマットでJSONを作成します。

個々の値の選択可能な範囲については以下のリンクを参照してください。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/Route53/latest/DeveloperGuide/domain-register-values-specify.html#contact-type-field
contact.json
{
    "FirstName": "<First Name>",
    "LastName": "<Last Name>",
    "ContactType": "Person | Company",
    "OrganizationName": "<Organization Name>",
    "AddressLine1": "<Address 1>",
    "AddressLine2": "<Address 2>",
    "City": "<City Name>",
    "State": "<State Name>",
    "CountryCode": "JP",
    "ZipCode": "<Zip Code>",
    "PhoneNumber": "+81.NNNNNNNNNN",
    "Email": "<Mail Address>",
    "Fax": "",
    "ExtraParams": [
    ]
  }

3者の内容が異なる場合は3種類のJSONを作成します。
今回は全て同じ連絡先として以下コマンドでドメインを取得します。
※念の為1年のみ、自動更新はなしとしています。

aws route53domains register-domain \
  --region us-east-1 \
  --domain-name $domain \
  --duration-in-years 1 \
  --no-auto-renew \
  --admin-contact file://contact.json \
  --registrant-contact file://contact.json \
  --tech-contact file://contact.json

レスポンスとしてOperationIdが返って来れば登録の手続きが行われています。
しばらく待つと、登録した連絡先に確認のメールが届くので、その中のリンクを踏むことで登録が完了します。

ドメイン移管のロック

不正にドメインを移管されないようにロック処理を行います。

aws route53domains enable-domain-transfer-lock \
  --region us-east-1 \
  --domain-name $domain

これでドメインの取得に関わる手続きは完了です。

②ドメイン検証

早速取得したドメインを使ってSES側で設定をしていきます。

注意:リージョンを確認する

SESCognitoに紐づける用途の場合、リージョンがus-east-1,us-west-2,eu-west-1のいずれかである必要があります(下記参照)。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cognito/latest/developerguide/user-pool-email.html

そういった用途の場合、どのリージョンで作業を行うかに気をつけましょう。

ホストゾーンIDの確認

ここまでの手順でドメインが正常に取得できたいた場合、ホストゾーンが自動で作成されているので、そのIDを取得します。
ホストゾーンは権威DNSサーバにおけるゾーンファイルのことです。

aws route53 list-hosted-zones

以下のようなレスポンスが得られます。

{
    "HostedZones": [
        {
            "Id": "<Hosted Zone ID>",
            "Name": "<Domain>",
            "CallerReference": "<CallerReference>",
            "Config": {
                "Comment": "HostedZone created by Route53 Registrar",
                "PrivateZone": false
            },
            "ResourceRecordSetCount": 2
        }
    ]
}

このうちのHosted Zone IDの値はこのあと頻繁に登場するので$hostedZoneIdとしておきます。

export hostedZoneId=<Hosted Zone ID>

検証トークンの取得

SESでドメインを使うためにはいくつか踏むステップがあります。
まずドメインに対しての検証トークンを取得し、それをDNSTXTレコードに決められた書式で記載する必要があります。

検証トークンの取得を行います。

aws ses verify-domain-identity --domain $domain

以下のレスポンスが返ります。

{
    "VerificationToken": "<YOUR_VERIFICATION_TOKEN>"
}

検証トークンをTXTレコードに書き込み

取得したトークンをTXTレコードに書き込みます。
書き込むフォーマットは以下のようになります。

参考:https://docs.aws.amazon.com/ses/latest/DeveloperGuide/dns-txt-records.html

Name Type Value
_amazonses.<_YOUR_VERIFICATION_DOMAIN>. TXT "<YOUR_VERIFICATION_TOKEN>"

このフォーマットに合わせてJSONを作成します。
ドメインとトークンは取得したものに置き換えてください。

record-txt.json
{
   "Comment": "Add TXT Record",
   "Changes": [
      {
         "Action": "UPSERT",
         "ResourceRecordSet": {
            "Name": "_amazonses.<Domain>.",
            "Type": "TXT",
            "TTL": 1800,
            "ResourceRecords": [
               {
                  "Value":"\"<YOUR_VERIFICATION_TOKEN>\""
               }
            ]
         }
      }
   ]
}

この内容で書き込みを行います。

aws route53 change-resource-record-sets \
  --hosted-zone-id $hostedZoneId \
  --change-batch file://record-txt.json

しばらく待った後で下記コマンドで登録の状態を確認しましょう。

aws ses get-identity-verification-attributes \
  --identities $domain \
  --query 'VerificationAttributes.*.VerificationStatus' \
  --output text

この結果がSuccessになっていれば成功です。
※いつ手続きが完了するかの明確な線引きはできませんが、30分経ってもPendingのステータスの場合、どこかで手順を誤っている可能性があります。

③DKIMの設定

続いてDKIMの設定を行います。
DKIMは送信者のなりすましを防ぐ仕組みで、メールに対して署名を行います。
DNS側に公開鍵を登録(CNAMEレコード)しておき、それを用いて認証を行います。

DKIMトークンの発行

公開鍵となるDKIMトークンを発行します。

aws ses verify-domain-dkim \
  --domain $domain

レスポンスは以下のようになります。

{
    "DkimTokens": [
        "<_YOUR_DKIM_TOKEN_1_>",
        "<_YOUR_DKIM_TOKEN_2_>",
        "<_YOUR_DKIM_TOKEN_3_>"
    ]
}

CNAMEレコードの書き込み

DKIMトークンをCNAMEレコードで書き込みます。

書き込むフォーマットは以下のようになります。

参考:https://docs.aws.amazon.com/ses/latest/DeveloperGuide/send-email-authentication-dkim-easy.html

Name Type Value
<YOUR_DKIM_TOKEN_1>._domainkey.<YOUR_VERIFICATION_DOMAIN>. CNAME <YOUR_DKIM_TOKEN_1>.dkim.amazonses.com
<YOUR_DKIM_TOKEN_2>._domainkey.<YOUR_VERIFICATION_DOMAIN>. CNAME <YOUR_DKIM_TOKEN_2>.dkim.amazonses.com
<YOUR_DKIM_TOKEN_3>._domainkey.<YOUR_VERIFICATION_DOMAIN>. CNAME <YOUR_DKIM_TOKEN_3>.dkim.amazonses.com

このフォーマットに合わせてJSONを作成します。
ドメインとトークンは取得したものに置き換えてください。
今回は3件レコードを登録するので、3種類のファイル作成が必要です。
それぞれrecord-cname1.json,record-cname2.json,record-cname3.jsonとします。
以下はrecord-cname1.jsonの例です。

record-cname1.json
{
   "Comment": "Add CNAME1",
   "Changes": [
      {
         "Action": "UPSERT",
         "ResourceRecordSet": {
            "Name": "<_YOUR_DKIM_TOKEN_1_>._domainkey.<Domain>.",
            "Type": "CNAME",
            "TTL": 1800,
            "ResourceRecords": [
               {
                  "Value": "<_YOUR_DKIM_TOKEN_1_>.dkim.amazonses.com"
               }
            ]
         }
      }
   ]
}

以下コマンドでレコードを登録します。

aws route53 change-resource-record-sets \
  --hosted-zone-id $hostedZoneId \
  --change-batch file://record-cname1.json

aws route53 change-resource-record-sets \
  --hosted-zone-id $hostedZoneId \
  --change-batch file://record-cname2.json

aws route53 change-resource-record-sets \
  --hosted-zone-id $hostedZoneId \
  --change-batch file://record-cname3.json

TXTレコードの時と同様、しばらく待った後で下記コマンドを実行しSuccessとなっていれば設定は完了です。

aws ses get-identity-dkim-attributes \
  --identities $domain \
  --query 'DkimAttributes.*.DkimVerificationStatus' 

④SPFの設定

DKIMと同様にSPFの設定を行います。
SPFは用途としてはDKIMと同じくなりすまし防止ですが、方法が異なります。
こちらはDNSIPアドレスを書き込み、その値と送信側のIPを比較します。

カスタム Mail Fromドメインの有効化

カスタム Mail Fromドメインの有効化を行います。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ses/latest/DeveloperGuide/mail-from.html

自分が参考にした元記事(以下)に倣い、bounceというサブドメインを用います。

https://dev.classmethod.jp/articles/setting-up-aws-ses-with-aws-cli-1/
aws ses set-identity-mail-from-domain \
  --identity $domain \
  --mail-from-domain bounce.$domain

レコードの登録

②や③の時と同様にレコードの登録を行います。

参考:https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ses/latest/DeveloperGuide/send-email-authentication-spf.html

今回は以下のように設定します。

Name Type Value
bounce.<YOUR_VERIFICATION_DOMAIN> MX 10 feedback-smtp.us-east-1.amazonses.com
bounce.<YOUR_VERIFICATION_DOMAIN> TXT "v=spf1 include:amazonses.com ~all"

JSONの作成

今回は2レコードなので、2件作成します。
種別がMXTXTと異なっている点に注意してください。

record-mx.json
{
   "Comment": "Add MX Record",
   "Changes": [
      {
         "Action": "UPSERT",
         "ResourceRecordSet": {
            "Name": "bounce.<Domain>.",
            "Type": "MX",
            "TTL": 300,
            "ResourceRecords": [
               {
                  "Value": "10 feedback-smtp.us-east-1.amazonses.com"
               }
            ]
         }
      }
   ]
}
record-txt2.json
{
   "Comment": "Add TXT Record to use SPF",
   "Changes": [
      {
         "Action": "UPSERT",
         "ResourceRecordSet": {
            "Name": "bounce.<Domain>.",
            "Type": "TXT",
            "TTL": 300,
            "ResourceRecords": [
               {
                  "Value": "\"v=spf1 include:amazonses.com ~all\""
               }
            ]
         }
      }
   ]
}

以下コマンドで登録します。

aws route53 change-resource-record-sets \
  --hosted-zone-id $hostedZoneId \
  --change-batch file://record-mx.json

aws route53 change-resource-record-sets \
  --hosted-zone-id $hostedZoneId \
  --change-batch file://record-txt2.json

これまでと同様に一定期間待った後で、確認コマンドがSuccessを返せばOKです。

aws ses get-identity-mail-from-domain-attributes \
  --identities $domain \
  --query 'MailFromDomainAttributes.*.MailFromDomainStatus'

⑤送信できるか確認

最後に実際にメールが送信できるか確認します。
なおSESはデフォルトではサンドボックスの状態です。
この状態だと送信回数や送信先に制限があります。
送信先を事前に登録する必要があるので、まずはそこから行いましょう。

なお、以降は送信先を$toAddressとします。

export toAddress=<自分が保有しているメールアドレス>

送信先アドレスの検証

下記コマンドで送信先の検証を行います。

aws ses verify-email-identity \
  --email-address $toAddress

しばらく待つと送信先のメールアドレスに確認メールが届くので、その中の認証リンクを踏みます。
その上で以下の確認コマンドがSuccessを返せばOKです。

aws ses get-identity-verification-attributes \
  --identities $toAddress \
  --query 'VerificationAttributes.*.VerificationStatus'

送信検証

いよいよ送信の検証を行います。
取得したドメインを用いた任意のFromアドレスから、先ほど検証完了した送信先アドレスへメールを投げます。

aws ses send-email \
  --from test@$domain \
  --to $toAddress \
  --subject "Subject Test" \
  --text "Body Test"

これで入力した内容の通りにメールが届けば完了です。

まとめ

今回はRoute53でドメインを取得し、SESを用いてメールを送信するところまでの手順をまとめました。
コンソール上でやると簡単ですがCLIベースだとパラメータの渡し方などでちょっと苦労するなぁというのが通しでやってみての感想です。

本来はここから、サンドボックスの解除などをした上で使っていくかと思います。
要望がありましたらその内容も記事にしたいと思います。

今回の内容が役立ちましたら幸いです。

参考

https://qiita.com/tcsh/items/597e7644949bfe4ab405

https://dev.classmethod.jp/articles/setting-up-aws-ses-with-aws-cli-1

Discussion

ログインするとコメントできます