【Mac】今さら聞けないHomebrew

2 min read読了の目安(約2000字

はじめに

今回はHomebrewについてです。
HomebrewmacOS上で動作するパッケージ管理ツールで、このHomebrewを用いて様々なパッケージをインストールすることができます。

logo

環境

以下端末を想定しています。

  • 端末名:MacBook Pro (15-inch, 2017)
  • OS:macOS Big Sur@11.1

Homebrewとは

Homebrewはパッケージ管理システムです。
開発を行う場合は大小様々なパッケージを端末にインストールする必要があります。
その際にHomebrewはそれらのバージョンや依存関係などを一元管理することができます。

類似のツールとしてmacporsなどが挙げられます。

インストール

以下のリンクより、公式サイトにアクセスします。

https://brew.sh/index_ja

すると、以下のような画面が表示されるかと思います。
画面中央に表示されているコマンドが、手元の端末にHomebrewをインストールするためのスクリプトになります。

install

自分の端末では以下のようなコマンドになりました。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

このコマンドをコピーしてTerminalで実行し、画面に表示される指示に従いながら進めることでHomebrewのインストールが自動で行われます。

インストール後の確認

brew --versionコマンドでインストールされたHomebrewのバージョンを確認します。

brew --version

以下のようにバージョンが表示されれば正常にインストールされています。

Homebrew 2.6.0

主な使い方

基本的には以下のような使い方をします。

パッケージのインストール

インストールは下記コマンドで行います。

brew install 【パッケージ名】

インストール可能なパッケージ

インストール可能なパッケージについては、公式の下記ページにまとまっています。

https://formulae.brew.sh/formula/

パッケージのアンインストール

uninstallコマンドでパッケージを削除します。

brew uninstall 【パッケージ名】

パッケージのアップグレード

upgradeコマンドでインストールされているパッケージを最新化します。
パッケージ名を指定することで、個別にアップグレードを指定することもできます。

# 全件アップグレード
brew upgrade
# 個別にアップグレード
brew upgrade 【パッケージ名】

アップグレードがあるパッケージの確認

アップグレードの有無はoutdatedコマンドで調べることができます。

brew outdated

アップグレードがある場合、下記のように表示されます。
※カッコ内が今のバージョン、右がアップグレードできる最新バージョン

aom (2.0.0) < 2.0.1

インストールされているパッケージの確認

listコマンドでインストール済みのパッケージを表示します。

brew list

出力

aom			leptonica		p11-kit
autoconf		libass			pango
...略

まとめ

今回はHomebrewのインストールと、基本的な使い方について紹介しました。
Homebrewは、Macで何かしらの言語やフレームワークを使って開発をする場合、ほぼ確実に使用するといっても過言ではないくらい様々な記事や書籍で登場します。

扱いが難しいツールではないと思うので、Macをお持ちの方はぜひインストールして使ってみましょう。