styled-componentのスタイル拡張ができないとき

1 min read読了の目安(約900字

スタイル拡張楽しいぜええええええええええ!!!となっていたときに、全く拡張されていないことに焦った話

styled-componentsとは

CSSinJSの便利なやつ(割愛)

2種類のスタイル拡張

styled-componentsでは、コンポーネントを継承してスタイルを拡張することができます。

例:

const StyledComponent = styled.div`
	color: tomato;
`

このstyled-componentをこんなふうに拡張できます。

const ExStyledComponent = styled(StyledComponent)`
	background-color: lime;
`

これを多用するのがstyled-componentsの流儀(適当)なのですが、この継承は、

  • styled-componentsを継承するとき
  • 普通のReactのコンポーネントを継承するとき

の2パターンあります。

1つ目の場合は、上記の例で問題ありませんが、2つ目の場合はコンポーネントにちょっとした細工をする必要があります。

const Button = ({className}) => {
	return <button className={className}>ボタン<button>
}

styled-componentsではclassNameを使ってスタイルを継承させるので,このようにclassNameプロパティがないと反映されないのである.

これで,

const StyledButton = styled(Button)`
	background-color: lime;
`

とかすればスタイルを拡張(追加)することができる!

これであなたもstyled-componentsマスターだ!

【参考文献・参考記事など】

styled-componentsのスタイル拡張について - OPEN8テックブログ