🐡

AWS Trasfer for SFTPへのSSH接続 備忘録

2 min read

はじめに

AWSのサービスであるAWS Transfer Familyに対してWinSCPから接続する際に行った作業を参考までに残しておきます。
基本的には以下のAWSの公式ドキュメントに沿って作業しています。
WinSCPを利用したファイル転送

使用したツールは以下の通りです。
バージョン
・WinSCP:5.17.10

1.IAMを作成する

AWSコンソールからIAM内のロールを開く。

ロールを作成する。
今回はS3との通信をするため、ロールに対してS3へのフルアクセスを渡す。

作成が完了するとロール一覧に作成したIAMが表示される。

2.S3を作成する

AWSコンソールからS3を開く。

デフォルト値で作成する。

作成したS3が表示される。

3.Transfer for SFTPを作成する

AWSコンソールからAWS Transfer Familyを開く。

以下の設定でSFTPサーバを作成する。ドメインとしてS3を選択する。

作成したSFTPサーバが表示される。

4.SFTPサーバにユーザを追加する。

"3"で作成したSFTPサーバのサーバIDをクリックする。

ユーザを以下の設定で追加する。
アクセスには"1"で作成したロールを設定し、ホームディレクトリには"2"で作成したS3のバケットを設定する。SSHパブリッシャーには、公開鍵情報を入力する。

作成したユーザが表示される。

5.WinSCPからSFTPサーバへ接続する。

WinSCPにて、各種設定を行う。
転送プロトコル:SFTP
ホスト名:"3"で作成したSFTPサーバのエンドポイント
ポート番号:22
ユーザ名:"4"で作成したSFTPサーバのユーザ名

[設定]より、SSH内の認証の秘密鍵を設定する。

鍵作成時にパスフレーズを設定していると、それを求められるため入力する。

ログインに成功すると"2"で作成したS3バケット名が右側に表示される。

最後に

今回サーバ作成に利用したサービスTrasfer for SFTPはサーバの死活に依らず、サーバが存在する限り料金が発生するため、必要でないサーバは削除し忘れないように注意してください。

Discussion

ログインするとコメントできます