📤

【Flutter】Firebase App Distributionでアプリを配信する手順

2021/10/13に公開約1,400字

【iOS】

①配信するためのアプリを作る(完成してなくてもOK)
②firebaseにアプリを追加(手順は省略)
③ipaファイルを作成 → コマンドラインで下記を実行

flutter build ipa --release

④下記フォルダからRunner.appをデスクトップに移動(コピーでもOK)
 /{プロジェクトのルートフォルダ}/build/ios/iphoneos/Runner
※ファイルの場所はビルドが成功したらコンソール上に出力される。

⑤デスクトップに『Payload』フォルダを作る
⑥④のRunner.appをPayloadフォルダに移動
⑦Runner.appが入ったPayloadフォルダを圧縮(.zip)
⑧拡張子を.ipaに変更する(そのまま打ち替えてOK)
⑨firebaseのダッシュボードから『App Distribution』へ移動
⑩iOSアプリに切り替えてファイルをドラッグ&ドロップ

【Android】

①配信するためのアプリを作る(完成してなくてもOK)
②firebaseにアプリを追加(手順は省略)
③apkファイルを作成 → コマンドラインで下記を実行

flutter build apk --release

④firebaseのダッシュボードから『App Distribution』へ移動
⑤androidアプリに切り替えて下記ファイルをドラッグ&ドロップ
 build/app/outputs/flutter-apk/app-release.apk
※ファイルの場所はビルドが成功したらコンソール上に出力される。

⑥リリースノートと配信する相手を設定し、アプリを配信する

【追記】開発者以外に配信するとき

iPhoneを使っているテスター(開発者でない)にアプリを配信したけど、
『デバイスでアプリを実行するために、デベロッパー側でアプリの更新が必要です。』と出てきてアプリがダウンロードできない。

その場合は、テスターのデバイスUDIDを署名に含める必要があった。

https://firebase.google.com/docs/app-distribution/ios/distribute-console#register-tester-devices

開発者にテスターのUDIDを知らせるメールが届くはずなので、それを含めたprovisioning profile(apple開発者アカウントで操作)をローカルにダウンロードする。
XCodeでダウンロードした署名を使用するよう設定し、もう一度ビルドして配信。

この時、コマンドは

flutter build ios

でできた。

Discussion

ログインするとコメントできます