🐾

【Docker】Docker Composeについて

2022/12/30に公開約1,100字

概要

docker-composeはローカルでDockerのオーケストレーションを行うためのツールです。
DockerのビルドからNetworkやVolumeの管理をコードベースで定義して行ってくれます。

コンテナを複数起動させて使用したい時には、イメージのビルド時やコンテナ起動時にコマンドにオプションをたくさんつける必要がある。そこをうまいことまとめて実行してくれるもの。

コマンド

  • サービスの起動
docker compose up [option]
option 用途
-d ( --detach ) バックグラウンドで実行する
--build Dockerfileの変更を反映する
  • サービスの終了
docker compose down [option]

docker-compose.ymlについて

概要

docker compose upでうまいことまとめてやってもらうために、もろもろの手順をまとめたもの

書式

とりあえず少しずつ...

// Composeのバージョンの指定
version:

// アプリケーション(コンテナ)単位で各種設定を行う
services:
  // 任意の名前
  (何でも):
    build:
      // ビルドコンテキストの指定
      context:
      // ネットワークの指定
      networks:
    // コンテナ起動時に元になるイメージを指定
    // buildと同時に使用する場合は、ビルドしたイメージのタグ付け
    image:
    // デフォルトのコマンドの上書き
    command:
    // コンテナ名の指定
    container_name:
    // サービス間の依存関係の指定
    depends_on:
    // 環境変数の追加
    environment:
    // 内部で使うポートの指定
    expose:    
    // ポートのマッピング
    ports:
    // マウントの指定
    volumes:

// トップレベルで使うとネットワークを作成できる
networks:
// トップレベルで使うとボリュームを作成できる
vokumes:

参考記事

https://zenn.dev/suzuki_hoge/books/2022-03-docker-practice-8ae36c33424b59

Discussion

ログインするとコメントできます