📖

【Kotlin】AWS SDK Chimeを使ってデモアプリを作成する

1 min read

はじめに

今回ビデオチャットSDKを利用してみようと思い、AWS Chime SDKを利用してみました。
AWS Chime SDKについては[こちら]
(https://aws.amazon.com/jp/chime/chime-sdk/)をご覧下さい。

社内の勉強会で発表したところ、意外と評判が良かったので是非作ってみて下さい( ^ω^ )

大まかな流れ

こちらのRead Me通りにすれば直ぐに出来るかと思います。

1.Github for android をクローン
2.Github for backend をクローン
3.AWSにデプロイをして「https: ~.com/prod/」のURLを受け取る
4.端末にAWSから受け取ったURLを設定
5.接続確認

事前に必要な事など

AWSのアカウント
AWS IAMユーザーの設定
S3バケットの作成
端末

サーバーレス構築をした事ない方向けに参考になる動画 & サイト

サーバーレスについて(AWS公式)
AWS Chime SDKを使ったサーバーレス構築

デモアプリを使って出来る事

下記を見る限り基本的なビデオチャットアプリの機能は用意されている印象です。

会議の準備、参加
会議タイトル(会議URL)の作成
URLを使用した会議招待
自分の会議参加者名の設定
クライアントが接続するメディアリージョンの自動選択・手動選択
メディア入出力の準備
音声入力デバイス(マイク)の選択
映像入力デバイス(カメラ、画像)の選択
映像入力クオリティ(幅、高さ、フレームレート、最大通信帯域幅)の調節
音声出力デバイス(スピーカー、イヤホン)の選択
音声・映像入出力のプレビュー
音声出力のテスト
会議の実施
Web会議(音声、ビデオ)
音声入力のミュート
会議参加者の一覧の表示
会議参加者のステータスの表示(「発言中」「ミュート」など)
画面共有(デスクトップ、コンテンツ)
テキストチャット
メディアメトリクス(送信・受信可能帯域幅)の確認
会議の退出
会議の終了
その他
サイマル配信
Web Audio
SIPによる会議参加

ZOOMとの比較

英語サイトで音声チャットSDKについて調べるとAWS Chime SDKとZOOM SDKがよく比較されていたので、機能を比較してみました。

AWS Chimeが100名以上の通話が可能である事、通信障害がZoomに比べて少ない点以外はZOOMに軍配が上がるのではないかと思います。

最後に

最後まで見て頂き有難うございます。
Kotlin初学者向けの情報や勉強になった事等を呟いていきますのでTwitterのフォローもお願いします( ^ω^ )