Illustratorで保存したテキストがPDF文書としてはどう見えるか

1 min read読了の目安(約900字

Adobe Illustratorで扱う.aiファイルはPDFの拡張書式であって、PDF文書としてもパースできる(保存の際に「PDF互換ファイルを作成」にチェックが必要)ことはみなさん義務教育で習ったかと思います。

このAIのPDF部分でテキストがどう表現されるのか(フォント+テキストなのかパスなのか)について記録しておきます。
※あくまで実験から推測されることであって確証はありません
※PDFにフォントが埋め込まれているかどうかは、Adobe Acrobatでファイルの「プロパティ」で確認しています
※Adobe Illustrator 25.0.1で確認しています

端的に書くと以下でした。

  • テキストの「塗り」部分のみがテキストとして保存される
  • パスにエフェクトをかけたテキストは塗りも含めてパスになる

以下実験結果のスクショです。
エフェクトは「パスの自由変形」を無編集で適用したものです。
これでこの記事は終わりです。




余談ですが、「PDF互換ファイルを作成」にチェックを入れずに保存すると、なんかこんなPDFができると思います。
これはFinderとかAcrobatとかの仕様ではなく、「PDF文書としてはこうみえるAIファイル」をIllustratorが保存しているようです。多分。
律儀ですね。

この記事に贈られたバッジ