😀

expoのbare workflowでhello worldしてみる

2022/12/24に公開約1,600字

これまでexpoのmanaged workflowでスマホアプリを作成していましたが、managed workflowでは使えない機能を使いたくてbare workflowでアプリを作成したいと思っています。
まずはbare workflowでhello worldまでやっていきたいとおもいます。

アプリ作成

expoコマンドでアプリの雛型を作成していきます。

expo init hello_expo_bare_workflow

? Choose a template: 
  ----- Managed workflow -----
  blank                 a minimal app as clean as an empty canvas 
  blank (TypeScript)    same as blank but with TypeScript configuration 
  tabs (TypeScript)     several example screens and tabs using react-navigation and TypeScript 
  ----- Bare workflow -----
❯ minimal               bare and minimal, just the essentials to get you started 
  minimal (TypeScript)  same as minimal but with TypeScript configuration 

expoを利用してのデバッグ

bare workflowで作成したアプリであっても、expo startで実行できます。
しかし、expo上で動作しない部分に関しては動作するようにダミープログラムを用意しておかなければいけないです。
hello worldをする分にはexpoでも動作します。

cd hello_expo_bare_workflow
expo start

XCodeを利用してのデバッグ

ios/helloexpobareworkflow.xcworkspaceをXCodeで開きます。
そのままビルドをすると、下記のようなエラーが出てくるので適宜修正します。
初めから全て修正してからビルドしても良いです。
Error: cannot find the node binary. Try setting the NODE_BINARY variable in the "Bundle React Native code and images" Build Phase to the absolute path to your node binary.
NODE_BINARYにPATHが通っていなく、nodeが見つからない事によるエラーです。
nodeのある場所にPATHを通す必要があります。
nodebrewでnode.jsをインストールした場合は下記PATHを追加すればOKです。
/Users/USER_NAME/.nodebrew/current/bin/node

Showing Recent Messages Signing for "helloexpobareworkflow" requires a development team. Select a development team in the Signing & Capabilities editor.
実機デバッグを行うとこのエラーが表示されます。
有償のApple Developer Programへの登録が必要です。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます