😀

OpenCV for Unityで画像を表示する

2022/12/24に公開約1,600字

Unityで画像処理を行いたい時にOpenCV for Unityが良く使われるそうです。
使い方を確認するために、Unity上のtextueをOpenCVのMat形式に直して、
それをtexture形式に戻し、表示してみました。
Mat形式に直した後に画像処理を行えば、処理後の画像を表示することができます。

前提条件

Unity 2018.4.21f1
プロジェクトタイプ 2D

インストール

  • Asset StoreからOpenCV for Unityを購入する。(今なら半額で$50くらいで購入できます。)
  • Asset StoreからOpenCV for Unityをimportする
  • 手順
    Hierarchyは下のようにRawImageを追加します。

C# ScriptでRawImageController.csを作成します。

using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;
using OpenCVForUnity.CoreModule;
using OpenCVForUnity.UnityUtils;
using OpenCVForUnity.ImgprocModule;

public class RawImageController : MonoBehaviour
{
    void Start()
    {
        Texture2D srcTexture = Resources.Load("lena") as Texture2D;
        Mat srcMat = new Mat(srcTexture.height, srcTexture.width, CvType.CV_8UC3);
        Utils.texture2DToMat(srcTexture, srcMat);

        Imgproc.putText(srcMat, "W:" + srcMat.width() + " H:" + srcMat.height(),
                        new Point(5, srcMat.rows() - 10),
                        Imgproc.FONT_HERSHEY_SIMPLEX, 1.0, new Scalar(255, 255, 255, 255), 2, Imgproc.LINE_AA, false);

        Texture2D texture = new Texture2D(srcMat.cols(), srcMat.rows(), TextureFormat.RGBA32, false);
        Utils.matToTexture2D(srcMat, texture);
        GetComponent<RawImage>().texture = texture;
    }

    void Update()
    {
        
    }
}

最後にRawImageController.csをRawImageにアタッチすればOKです。

https://scrapbox.io/ConsoleSoup/OpenCV_for_Unityでローカル画像読み込み

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます