😀

Visual Studioでdllファイルを作成する

2022/12/24に公開約500字

Visual Studioで作成したC言語のプログラムをPythonなどの他言語で使用したい場合は,
一旦、dllにして呼び出す方法があります。

ここではdll作成する時の方法を記載します。

下記の様にhファイルを記載します。
ポイントはDLL_APIというdefineを切り、関数のプロトタイプ宣言でもDLL_APIを記載することです。

#ifndef HOGE_H
#define HOGE_H

#ifdef Test_EXPORTS
# define DLL_API  __declspec(dllexport)
#else
# define DLL_API  __declspec(dllexport)
#endif

DLL_API int hoge_func(char data[], int size);

#endif

cファイルも記載します。
こちらでも関数のプロトタイプ宣言でもDLL_APIを記載します。

#include "hoge.h"

DLL_API int hoge_func(char data[], int size)
{
  return 0;
}

ファイルの設定は上記でよいです。
あとはVisual Studio プロジェクトファイルのプロパティでexeからdllに変更すればOKです。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます