僕の独学でLaravelを学んだ方法を振り返ってみる

2 min read読了の目安(約2200字

今回は、独学でLaravelを学んだ方法について振り返っていきたいなと思います。
あくまで僕自身の体験談ですので、みなさんに当てはまるかは別ということを念頭において、さっそく振り返ってみたいと思います!

独学でLaravel学習始めた際のスキルセット

僕がLaravelを学習し始めたの2019年1月でした。
4月に就職を控えていた私は卒業論文書き終わったし暇だなーってことで、ちょっと興味を持っていたLaravelをただひたすら勉強しまくっていました。

2019年1月までは大阪のとある会社で長期インターンシップで、プログラミングの教科書に絶対載っているような基礎部分を学んでいました。大学の専攻でプログラミング系のことをやっていたわけではなかったので、インターンシップで学んだHTML・CSS・JavaScript・jQuery・PHP・Git・Dockerくらいはちょっと出来るという感覚でした。

汚いコードで掲示板のようなWebアプリは一応がんばれば作れるくらいのイメージです。

Laravel勉強しようと思ってやったこと

本は買いませんでした。読むの大変そうだったので(笑)
Laravelチュートリアルもやっていません。今考えれば謎です。

LaravelインストールとHello, World

まずLaravelのインストール方法をぐぐって、それ通りにインストールしてみる。
LaravelでHello Worldを表示するみたいな記事をみて、それ通りにやってみる。

「Web.phpっていうところに、URLとどのControllerで処理するのかを書いて...」
「で、Controllerっていうところに処理を書くらしい...」
「bladeってなんだ?なんでHTMLじゃないんだ?」

とかそんなこと思いながらHello, Worldを表示させました。

データベースとアクセスする

これデータベースと繋がってないから掲示板みたいなWebアプリ作れないじゃん。
と気づいて、データベースとのつなぎ方を調べて、それ通りにやりました。

確かこのときは .env.env.example からコピーする必要があったと思います。そして.envの中のデータベース情報を書き換えてみると、無事撃沈(笑)

このときDockerも一緒に勉強していたので開発環境はDockerを使っていました。
DB_CONNECTIONは「mysql」だ!とか「127.0.0.1」だ!とかいろんなこと書かれてあってすごく混乱しました...。

とりあえずコード書きまくった

とりあえず目標がないと勉強する意味もないなーと思って、1ヶ月でLaravelで掲示板を作れるようになろう!と思い、取り組み始めました。

本当にこのとき他に何もすることがなかったので、2019年1月は平均1日8時間Laravelの勉強に当てて1ヶ月が立ちました。3週間目くらいからだいぶ疲れていましたが、なんとか形になってきてもうすぐ掲示板ができそう!というワクワク感でモチベーション保てていました。一方で全然意味わからないエラーが頻発した記憶あります(具体的には覚えていない)

ようやく掲示板ができた

そのときのコードはもうありませんが、
HTML・CSS・JavaScript・PHPでなんとなく頑張れば掲示板作れるレベルの駆け出しエンジニアが1ヶ月でLaravelで掲示板を作れるようになりました!がんばった!
このときはもう楽しくて仕方がありませんでしたね。

その後

1度Laravelを使ってWebアプリを作る経験をすれば、その後はアプリの作り方はなんとなく理解できているので、Twitterみたいなアプリ作るときはどうするんだろなって考えて超ミニマムなアプリを作ってみたり、自分でこういうサービスがあったらいいなって考えてWebアプリ作ってみたりしました。

入社した4月以降も、仕事でコードを書くことはありませんでしたが、家帰ってLaravelでなんか作ってみる生活をしてました。

そして2年ほど経って、会社ではコードを一切書いてませんでしたが、フリーランスになってLaravelの案件をしたり、こうやって記事を書いたりしています。

終わりに

なんか結局ただの振り返り記事になってしまい、誰かの役に立つのかどうかわかりませんが、
僕はこれがベストな勉強方法だと思っていません。

自分でひたすらコードを書くことは本当に重要だと思いますが、
誰かにコードを見てもらったり、誰かのコードを読んだりする環境や、誰かに質問できる環境があるともっと良かったんだろうなあと思います。

(当時も何かしらでその環境は作れたと思いますが)今はMENTAで質問やレビューしてもらえる環境作れるし、調べたらいろんな人のコードが見れる(プログラミングの教材とかオープンソースのプロジェクトとか)ので、絶賛学習中の人は「ひたすらコードを書く + 人のコードを見る・コードを見てもらう・質問できる環境づくり」をおすすめします。

僕は「自分一人」で勉強しすぎたので、ちょっと遠回りしましたし、まだ全然大したスキル付けれてなくて焦っています。

というわけで、ただの振り返りでした。