laravel valetで超簡単に高機能開発環境構築

1 min read

Laravel Valet という簡単に高機能な開発環境構築ができるツールを使ってみたので、手順メモです。

僕はこれまで普通にPHPサーバーとphpとmysqlで環境構築をして使っていたのですが、
なぜLaravel Valetを使用しようと思ったかというと、ローカル環境でサブドメインを使用したかったからです。

Laravel Valetで環境構築すると、サブドメインを使えますし、httpsのsecure環境も再現できるので、めちゃめちゃすごいです!
PHPのバージョンを自由自在に変えられるので便利です。

では導入方法を説明します。

Laravel Valetの公式ページ

導入方法

まずはインストールします。

composer global require laravel/valet

次にlaravel valetを使用するための必要なツールたちを一気にインストールしていきます。

valet install

ここでvalet command not foundとなる人はこちらのTeratailのご質問をご参照ください

僕はここでなんかエラーが発生してvalet installが完了しませんでした。
↓エラー文

The Process has been signaled with signal '9'

このエラーの対処法はこちらのGitHubのコメントで解消しました✨

https://github.com/laravel/valet/issues/876#issuecomment-564801838

これで無事 valet installが完了しました。

プロジェクトディレクトリに移動して、valetとプロジェクトをリンクさせます。

アプリ名を自由に決めていただいていいのですが、今回はexmaple-app と仮定すると、

valet link exmaple-app

を入れます

もしhttps通信をしたい場合はsecureにします

valet secure exmaple-app

valetを起動します

valet start

これでOK!

http://exmaple-app.test にアクセスするとページが見れるようになっています

Discussion

ログインするとコメントできます